トマト栽培で大活躍トマトトーンの使い方【これだけは守りたい使用方法6ヵ条】

質問する人
トマトの果実の付きを良くするために、「トマトトーンを使うと良いよ」と、知り合いのトマト農家さんから勧められました。

ホームセンター等で、よく商品を見かけますが、どのように使うものなのかイメージがわきません。

使い方や効果について教えてほしいです。

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、17年間トマト栽培を行っております。

 

国内の種苗会社や、農業生産法人で北海道を中心に海外も含め、トマト栽培やトマトの研究を行い、現在は札幌市でトマト農家をしています。

 

このブログでは、自分の栽培経験を生かし、生産者の方や家庭菜園の方の疑問、質問に答える形でトマトの育て方等と紹介しています。

 


トマトは、寒い時期、暑い時期ともに、開花後の着果がしにくくなります。

 

これは、

トマトの花粉の働きが悪くなるためです。

(寒い時期に花粉の働きが悪くなるのは、想像しやすいと思いますが、暑い時期、特に気温35℃を超えるような環境でも、暑すぎて働きが悪くなります)

 

トマトトーンを利用する事によって、このような時期でも、

 

トマト果実の実り(着果)が安定し、収量の増加につながります。

 

トマトトーンの成分が花粉に似た性質を持つためで、実際の花粉の働きが悪い場合でも、着果を促す事ができます。

 

トマトトーンの使用方法で重要になるポイントは6つあります。

  • ①希釈倍率
  • ②処理のタイミング
  • ③雌花の先に処理する
  • ④噴霧の量
  • ⑤茎葉にかけない
  • ⑥2度がけしない

このように、利用する際の方法によって、期待できる効果も大きく変わります。

 

トマトトーンは、プロのトマト農家さんにもよく利用され、収穫量を上げるために重要なものです。

 

農家さんの栽培だけでなく、家庭菜園でトマトを栽培する方にも、とても役立つ資材になりますので、ぜひ、活用してみてください。

 

今回は、自分が使用してきて得た経験に基づき、トマトトーンの特徴、使用方法を深堀りしながら解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

トマトの栽培で使うトマトトーンってどんなもの

トマトの栽培で使うトマトトーンってどんなもの

 

トマトトーンという言葉を聞いた事のあるけど、使用の経験は少ない方は、多いのではないでしょうか?

 

この項では、トマトトーンの基本的な利用目的、使用時の効果等について解説します。

 

トマトトーンは植物成長調整剤に分類される薬剤です

 

 「トマトトーン」とは、商品名です。

 

4-CPAという成分を持ち、

トマトの着果促進の目的に利用されます。

 

トマトの他にも、ナスなどの着果促進にも効果があります。

 

トマトトーンを使用して、着果促進処理をする作業を「ホルモン処理」と呼ばれ、
別名ホルモン剤とも呼ばれます。

 

トマトの花の花粉は、

最低気温10℃以下

最高気温35℃以上

の条件で働きが悪くなります。

 

トマトの栽培では、時期によって、上記の温度条件で栽培する事があり、着果が不安定になる場面も出ます。

 

その対策として利用し収量向上の役立ちます。

 

 一方で、トマトトーン利用によるデメリットもあります。

  • 空洞果の発生が多くなりやすい
  • 「花かす」が自然に落ちにくくなる
  • 産地、部会のルールによっては農薬利用とカウントされる事もある

 

空洞果の発生が多くなりやすい

 

トマトトーンを利用する着果は疑似受粉となります。

 

疑似受粉の場合、

着果肥大時に種子は形成されますが、花粉による受粉ではないので、発芽する事のできない(しいな)種子になります。

 

また、種子の形成に関係する、果実内のゼリー部の量が少なくなりやすくなります。

 

このため、各子室の肥大が悪くなり、空洞果の発生が、花粉による着果に比べ多くなります。

 

ホルモン処理による、空洞果発生を少なくするための対策として、花房へ散布するトマトトーン希釈液に、ジベレリンを加える方法があります。

 

協和発酵バイオ 植物調整剤 ジベレリン協和粉末 3号 200mg

 

空洞果発生についてはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

何だか最近収穫している大玉トマトの果実に、空洞果が目立つようになってきました。収穫している段位は4〜5段目が中心です。以前は、ほとんど発生していなかったのですが…発生が目立つようになってからでも、空洞果の対策はできま[…]

トマトの空洞果【発生の原因と対策を解説】

 

「花かす」が自然に落ちにくくなる

 

トマトトーンの利用によって着果した果実は、

「花かす」(花びらのかす)が自然落ちにくくなります。

 

特に大玉トマトで起こりやすく、病気の発生元になることや、出荷調整時に作業が増える事にもつながります。

 

花カスが果実から落ちない状態が続くと、特に「灰色かび病」の発生のきっかけとなる事が多いです。

 

花カスが落ちにくくなる対策として、花房へ散布するトマトトーン希釈液に、専用の薬剤を加える方法があります。

 

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

先日、栽培中のトマトのへたに「かび」が発生しているのを発見しました。なんだか、はっきりしたカビ胞子がくっついていますね。自分なりに調べて、「灰色かび病」ではないかなと予想しています。近所のトマト農家さんに、質問したと[…]

【トマトの灰色かび病】発生の特徴と対策方法を解説

 

スポンサードリンク

産地、部会のルールによっては農薬利用とカウントされる事もある

 

トマトトーンは、植物生長調整剤ですが、各産地の部会等のルールによっては、農薬として扱われる場合がありますので、利用の条件を確認も行ってください。

 

トマト栽培で使用するトマトトーンの使い方と花の特性の解説

トマト栽培で使用するトマトトーンの使い方と花の特性の解説

 

トマトトーンの利用の目的を把握したところで、次に、使用方法について解説します。

 

そのためには、まず、トマトの花の特徴を知る必要があります。

 

トマトの花の構造

 

トマトの花粉を普段見る機会は少ないと思います。

 

これは、花が咲いても花粉は筒状になっているおしべの内側(筒の内側)にあるためです。

 

雌しべも筒の中にあり、外に出ず受粉を完了します。

 

そして、雌しべも目立ちません、こちらもおしべの内側にあるからです。

 

トマトの花は、下の方向を向いて開花し、雌しべが伸びる際に、雄しべの筒内側の花粉に柱頭が触れて受粉するか、上から花粉が落ちて柱頭につき受粉します。

 

これが、花粉による、自然界の受粉の方法です。

 

トマトトーンの使い方

 

トマトトーンの使い方で重要となるポイントを、6つに分けて解説します。

  1. 使う時期によって希釈倍率を変える
  2. 適切な開花のタイミングで処理する
  3. 花の筒の柱頭をめがけて散布する
  4. 噴霧の量は、霧吹きで2プッシュ
  5. 花房以外(茎葉)にはかけない
  6. 2度がけはしない

 

その①:使う時期によって希釈倍率を変える

 

使用する時期の最高外気温により、希釈倍率を調整します。

 

目安は以下のとおりです。

 

20℃以上の時→100倍

20℃以下の時→50倍

基本的な考え方は、

低倍率(50倍)の方が、効果が出やすいが、高温時に低倍率で使用すると、空洞果、奇形果発生のリスクが増えます。

 

その②:適切な開花のタイミングで処理

 

トマトの花の100%開花の時期を、目安にして開花前3日、開花後3日の間で効果が出ます。

 

作業省力のために、なるべく少ない作業量で最大の効果のために、以下の目安を参考にしてください。

大玉トマト→1花房1回

2.5花開花時


ミニ、中玉トマト→1花房2〜3回(段数と花数により変える)

5花開花ごとに行う

 

その③:花の筒の柱頭をめがけて散布する

 

大事な事はトマトトーンの薬剤が雌しべの柱頭に付着する事です。

 

トマトトーンが花粉の役目をしますので。 結果的に花びらにも薬剤が付着しますが、目標は柱頭です。

 

その④:噴霧の量は、霧吹きで2プッシュ

 

1花房あたり、
「シュッ、シュッ」と霧吹きで2回噴霧が基本です。 開花している花の状況と噴霧の状況で調整してください。

 

その⑤:花房以外(茎葉)にはかけない

 

特に成長点付近のまだ葉が柔らかい時に、トマトトーンの薬剤の薬剤がかかると、薬害がでてその後の、葉の生育に影響がでる場合があります。

 

霧吹きを持つ反対の手でカバーして行います。

 

その⑥:2度がけはしない

 

「シュッ、シュッ」と2回霧吹きで噴霧する事が2度がけではなく、

例えば、今日噴霧した花に、3日後にまた処理するという事です。

 

1花あたり(1花房でない)1回の利用が、空洞果、奇形果発生が少なくなります。

 

希釈した薬剤に食紅を添加して、処理済みの花に赤色の目印をつける方法があります。

 

ホームメイド 食用色素 赤 5.5g

 

トマトトーンの商品と販売形態

 

トマトトーンは、そのまま「トマトトーン」という商品名で販売されています。

 

すでに希釈されて、購入後そのまますぐに使用できるタイプのものと、原液の状態で販売されており、希望の倍率に希釈して利用するものがあります。

 

どちらも、ホームセンターや、ネット通販で購入する事ができます。

 

【希釈済み】購入後にそのまま使えるトマトトーンスプレー

 

 

【原液タイプ】好みの倍率で使用可能なトマトトーン【30lm】

 

※家庭菜園で使う場合は、30mlタイプの方が、キャップ付きの容器で少量使う場合に便利です。

 

トマト栽培でトマトトーンに頼らない着果促進の方法

トマト栽培でトマトトーンに頼らない着果促進の方法

 

トマトトーンの使用方法とを利用するメリットについて解説しましたが、

 

場合によっては、使用を避けたい場合もあると思います。

 

この項では、トマトトーンを使用しない着果促進の方法について解説します。

*解説する方法は、全て花粉を利用しますので、花粉が働く温度帯の時期での利用をオススメします。

 

マルハナバチの利用

 

 

マルハナバチによる着果促進は、省力の面からも有効な方法ですが、生産者や利用の条件によっては使用できませんので、ご注意ください。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

先日、視察研修で熊本のトマト農家さんを訪れました。ミニトマトを、中心に栽培しているハウスでしたが、印象的だったのは、マルハナバチの利用でした。ハウス内のトマトを見ている時も、ブンブン飛んでいました。今まで行ってきたト[…]

トマトの受粉にマルハナバチを利用する【基本特性と使用方法】

 

開花している花房を振動させる

 

この方法は、アナログで作業の手間がかかりますが、マルハナバチを利用する時のように、花を振動させて着果促進の効果を期待できます。

 

誘引に使用している支柱、紐を振動させて間接的にトマトの花を振動させたり、茎や花を直接振動させる方法でもOKです。

 

専用の簡易振動発生機も資材として販売されていますので、チェックしてみてください。

VegiBee Garden Pollinators Battery Powered Plant Pollinator [並行輸入品]

ブロアー(送風機)の利用

 

こちらも、振動させる事により効果を期待します。

 

振動の強さなどの微調整はできませんが、手で行うよりも大幅に効率がアップしますのでオススメです。

 

ブロアーの選定には、充電バッテリータイプが安くて、性能も十分でオススメです(電動のタイプは、価格が安いのですが有線での作業になるので、使いにくいです)。

 

リョービ(RYOBI) 充電式ブロワ BBL-120 (フルセット) 12V

 


これまで、トマトトーンについて、解説しました。
自分で栽培しているトマトの収穫が難しい場合や、プロの生産者が育てたトマトを食べててみたい時は、野菜の宅配サービスの利用もオススメです。
らでぃっしゅぼーや(定期宅配コース)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

 

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy Tomating!!

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG