トマトの受粉にマルハナバチを利用する【基本特性と使用方法】

質問する人
先日、視察研修で熊本のトマト農家さんを訪れました。
ミニトマトを、中心に栽培しているハウスでしたが、印象的だったのは、マルハナバチの利用でした。
ハウス内のトマトを見ている時も、ブンブン飛んでいました。
今まで行ってきたトマトの受粉は、ホルモン処理ばかりでした。
マルハナバチの利用は、受粉管理の省力化に役立つとよく聞くので、取り入れたいなと思っています。
マルハナバチの利用について教えてください。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

過去に北海道で、トマト栽培をしていた時に、マルハナバチを利用しました。

その頃は、2002年で、セイヨウオオマルハナバチを利用していました。

 

2019年の9月より、セイヨウオオマルハナバチ使用の許可基準が、変わりました。

詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事

北海道でトマト農家をしています。栽培面積はミニトマトを20a程度です。来年から、受粉管理の省力化のために、マルハナバチを利用したいなと考えています。2006年からセイヨウオオマルハナバチの取り扱いは、厳格化されたのは知っ[…]

セイヨウオオマルハナバチの使用許可の方法が変更されています【2019年9月より】

 

同じ国内でも、地域によって基準が変わるため、2019年以降も、新規就農で、セイヨウオオマルハナバチと、代替種となるクロマルハナバチ、両方の利用が想定されます。

 

今回は、トマト栽培で種類を分けずに、マルハナバチの単位をした利用する際の、基本的な知識や方法について紹介します。

 

 

スポンサードリンク

マルハナバチを利用するトマトの受粉管理

マルハナバチを利用するトマトの受粉管理

マルハナバチの利用は、トマトの栽培にとってどのようなメリットが生まれるのか?

マルハナバチの特性と共に解説します。

 

マルハナバチの種類と特性

マルハナバチはミツバチ科の昆虫です。

ミツバチに比べると、体が大きく、体を覆う毛も長く特徴を持ちます。

飛ぶ音も比較的大きく、近くに寄ってきた際は簡単に気づく事ができます。

 

マルハナバチの巣は、ミツバチのような均一な六角形(ハニカム構造)ではなく、楕円形の巣室で構成される。

マルハナバチは、巣の中に多くの蜜や花粉を貯蔵する事ができない。そのため曇天や少々の雨の天候でも、花粉や蜜を集める必要があり、この特徴が農業の利用の中で効率的に働く。

 

トマトに利用されるマルハナバチは2種類あります

 

セイヨウオオマルハナバチ

上の写真は、セイヨウオオマルハナバチです。

ヨーロッパから中近東にかけて分布している外来種。
黒と黄色の縞々の模様をしており、クロマルハナバチよりも体が大きい
お尻の毛が白色で、この特徴でクロマルハナバチとの見分けが簡単につく

 

クロマルハナバチ

日本(本州以南)、朝鮮半島に分布する在来種。
黒い毛をベースに茶色いお尻が特徴的

 

スポンサードリンク

マルハナバチ利用のメリット

トマトの栽培の中で、マルハナバチを利用するメリットは、いくつかありますが最大の目的は、

着果促進作業の省力化です。

 

マルハナバチを使わず、着果促進管理をする際は、ホルモン処理で対応する方法が一般的です。

この方法は、1花房ごとの手作業が必要で、非常に多くの労力がかかります。

マルハナバチを利用すれば、巣箱の管理等は必要ですが、ハチに任せきりで、効率的に作業ができます。

 

その他にも

・花粉を利用する受粉のため、果実内の種子が形成されゼリー部の充実が良くなり、空洞果の発生が少なくなり、酸味の効いた食味になります。
・トマトトーンを利用するホルモン処理は、農薬の使用にカウントされる事もありますが、マルハナバチは有機農法とされます。

 

 

トマト栽培でのマルハナバチ利用方法

トマト栽培でのマルハナバチ利用方法

利用可能な時期

マルハナバチの活動適温は、15〜30℃の範囲をされていますが、トマトの生育に必要な最低気温8〜10℃程度内でも、飼育管理は可能です。

逆に巣内の温度が、高温になる事には注意が必要で、35℃超えると、巣が溶け出すことや、幼虫の死亡の発生が増えます。

 

ハウス施設へのネット展張

セイヨウマルオオハナバチを利用する場合は、環境省の定める法律に基づき、栽培施設の換気部には4mm以下のネットを張り、出入り口を2重構造にする事が義務づけられています。

 

クロマルハナバチの場合も、対象作物となるトマトに効率的に蜂花させ、ハウス外の天敵による捕食の害を減らすためにも、セイヨウマルハナバチ同様に、ネットの展張管理が必要です。

 

巣箱の管理方法

自然界のマルハナバチは、地面の中の穴に巣を作ることが多いです。これは、直射日光が巣に当たらないようする事で、高温条件をさけるためとされています。

 

トマトの栽培での利用時も、夏期などハウス内、巣内が高温になる条件では、地中に巣を設置し、さらに遮光の管理などを行い、巣内の高温を防ぐ対応を行います。

 

 

砂糖溶液の設置

トマトの花は蜜を出さないため、マルハナバチはトマトの花粉のみを集めます。

蜜は、マルハナバチの活動のエネルギー源の働きとしても、重要なため、このエネルギー源になるものを、人間が準備する必要があります。

 

[水:砂糖]を、[1:1]で混ぜ合わせた、砂糖水を作り、マルハナバチが溺れないように、脱脂綿やクッキングペーパーに染みこませて、ハウス内に設置します。

 

 

殺虫剤の使用

マルハナバチも昆虫のため、トマト栽培中の殺虫剤の利用には注意が必要です。

特に注意が必要なのは、殺虫剤散布後の残効日数です。

散布後に農薬の効果が残っていると、マルハナバチは活動できません。

マルハナバチへの農薬の影響の情報は、農薬メーカーのサイト等で入手する事ができます。

 

栽培期間中は、害虫を対象とした殺虫剤の利用が多くの場合で必要となります。

薬剤散布の作業開始時から、マルハナバチの巣箱を移動する必要がありますが、複数棟の栽培ハウスがある場合は、薬散対象ではないハウスへ、移動し薬剤の残効期間が過ぎるまで待ちます。

待避させる栽培ハウスがない場合は、マルハナバチの出入りが確実にない状態で巣箱を閉め、薬剤の影響がない場所で管理します。このときに付属の餌がある場合は、利用してマルハナバチの体力を維持します。

 

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG