トマトのちからの管理者【とまと家・中島洋治】のプロフィール

とまと家・中島プロフィール

とまと家・中島 / Tomatist Nakajima

1982年 北海道生まれ。
農業高校を卒業後、農業技術を学ぶため、園芸の専門学校へ進学。
在学中にトマトの真っ赤な果実と、葉や茎の美しい姿に惹かれ興味を持つ。 その後、国内種苗会社に入社し、研究員としての各種野菜の栽培業務をとおし、トマトの持つ生育する姿の美しさや、栽培する楽しさを知り、トマトの虜となる。
2013年からは独立し、トマトのゆるキャラ『とまぴん』の制作、世界で学ぶ「とまと留学」への渡航(2013~14)、札幌都心部ビル屋上でのトマト栽培(2015~16)、札幌市農業法人として海外新規トマト事業へ栽培技術指導として参画(2016~18)。
現在は北海道札幌市での活動を中心とし、「トマトがあれば〜なんでもできる!」を合言葉に、新しいとまとの形をクリエイトするために、とまと家(か)として、新しい農業の道を進んでいる。

とまと家とは?

「とまと家」と書いて、「とまとか」と読みます(「とまとや」ではないです。笑)。

トマトは優れた栄養素を含み、わたしたちの健康維持に重要な機能性をもっており、グルタミン酸などのうま味成分、酸味、甘みによる、美味しい野菜の価値など、食べるものとしては非常に重要です。

そのために、トマトと聞くと、野菜としてのトマトをイメージする事が多いと思いますが、食べるものとして以外にも、魅力はさまざまあります。

真っ赤な果実のもつインパクトや、ぷりぷり果実のかわいらしさによるマスコット的な魅力。 部位によってことなる葉の緑色のグラデーション、花の黄色と完熟果実の赤色が生み出す美しい株全体のトマトカラー。 潅水や肥料などの管理をした後の、生育反応の良さ、早さ(他の野菜と比べて群を抜く)があっての栽培の楽しさと、葉と果実の生育のバランスをとりながら、高品質な果実収穫を目指す奥深さ、など。

まだまだ、新規性の高いこの肩書き。決まった定義、何が正解で、どれが間違いという事がありません。この先新しいトマトの魅力を創り、紹介し、社会にとって価値のある活動をできるように、新しい道を切り開いていければと思います。

この活動を通し、トマトに興味を持つ人が増える事を祈っております。

説明:とまと家 中島

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG