【解決】トマト栽培の雑草対策【ギブアップする前の防草シートの使い方】

質問する人

トマトの栽培をすでに始めているのですが、畑の中の雑草が目立ち始めています。

苗を植える頃は、ほとんど雑草がなかったのですが、最近どんどん増えています。
時間がある時には手で取っているのですが、もう管理が追いつかなくて、雑草がボーボーです。
何か良い対策はありますか?

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、17年間トマト栽培を行っております。

 

国内の種苗会社や、農業生産法人で北海道を中心に海外も含め、トマト栽培やトマトの研究を行い、現在は札幌市でトマト農家をしています。

 

このブログでは、自分の栽培経験を生かし、生産者の方や家庭菜園の方の疑問、質問に答える形でトマトの育て方等と紹介しています。

 


 

まだ大丈夫、まだ大丈夫と思っているうちに、

気がつけば手が付けられなくなる雑草対策。

 

経験のある方は少なくないのではないでしょうか?

 

トマトの栽培の中で、除草管理は重要です。

 

雑草が多く発生すると、害虫の住み家になり、雑草がきっかけでトマトへ害虫の害が出ることもよくあります。

 

トマトを栽培している畑の中で生育する雑草は、とても生育が良いです。

 

なぜなら、トマトと同じ条件で生育できるからです。

 

トマトのために施された肥料も吸う事ができ、一度勢いがつくとその勢いはとまりません。

 

除草剤、マルチングなどの対策がありますが、栽培する前に作業をする必要があり、途中からは対策できません。

 

そこでオススメなのが、防草シートの利用です。

 

今回は、栽培の途中からでも対応できる方法も含め、トマトの雑草対策について解説します。
畑での栽培の場合として解説しています。

 

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。
みんなで育てて、みんなで食べる【シェア畑】

 

スポンサードリンク

トマトの雑草対策の対象場所

トマトの雑草対策の対象場所

 

トマトの栽培の中で、雑草の対応をする必要がある場所は、

  • 通路
  • 畑の周辺

となります。

 

それぞれの場所の対策方法は

畝:
除草剤接触系、除草剤土壌処理、マルチング


通路:
除草剤接触系、防草シート、(マルチング)

となります。

 

トマトの雑草の対策の方法

トマトの雑草の対策の方法

 

除草剤(接触系)

 

対象場所:
畝、通路、畑の周辺

 

栽培までの準備期間がある場合は、効果のある対策です。

 

除草剤の種類にもよりますが、

畑を耕す、7日前まで程度であれば除草剤散布での対応ができます。

 

散布後1~3日程度経過すれば、雑草が枯れ始めていなくても除草効果が出ます。

 

対策のポイントは、なるべく多くの雑草が発芽、生育している状態で除草剤散布する事です。

 

理由は以下のとおりです。

  • 除草剤処理の際に、土の中に入っている雑草には効果が出ない
  • まクワなどで地上部のみ削る方法だと、その後、再生する事が多い

 

このように、除草剤を散布する際は、

  • なるべく多くの雑草を生やして
  • 茎葉が残った状態にする事

が重要です。

 

接触系の代表的な除草剤

日産化学 除草剤 シャワータイプ ラウンドアップマックスロードAL 2L

 

除草剤(土壌処理)

 

対象場所:

 

苗を植える畝を整形した後も、雑草が出る場合があります。

 

栽培後に生える雑草に対応する場合は、土壌処理型の除草剤で対応する方法もあります。

 

後は苗を植えるだけ(マルチングの直前)、畝の整形を終えたタイミングで表面に処理を行います。

 

液剤、粉剤がありますが、粉剤のタイプの方が使いやすいです。

 

土壌処理系の除草剤が特に役立つ時は、透明の資材でマルチングする際です。

 

苗の定植が、低温の時期で地温の確保をする際は、透明の資材でマルチングすることがあります。

 

透明のマルチは、光を通すため雑草の生育を抑える効果がありません。

そして、一度マルチングを行うと、その後の除草作業が難しくなります。

 

そこを、土壌処理の除草剤で対応が効果的な対策となります。

 

土壌処理の代表的な除草剤

日産化学 畑作除草剤 トレファノサイド粒剤 3kg

 

散粒機

粉剤の散布には散粒機を利用すると、早くキレイに作業できます。

工進 手動式散粒機 HD-8

 

スポンサードリンク

マルチング

 

対象場所:

 

マルチングは、土壌の地温保温、向上、水分安定がの目的と共に、

 

雑草の防止の効果も高いです。

 

マルチ資材の色(光を通す量)によって、除草効果が変わります。

 

雑草の対策を優先する場合は、

黒色マルチを利用します。

 

地温の保温、上昇を優先する場合は、透明マルチ等と、

土壌処理系の除草剤を共用すると良いです。

 

白色のマルチ利用の際は裏面が黒色(通称:パンダマルチ)が地温調整、除草効果もありオススメです。

 

マルチの色による効果の違いは以下の通りです。

マルチの色除草効果地温保温効果
白(パンダ)X
シルバーX
グリーン
透明X

 

黒マルチ

イワタニ 菜園用黒マルチ 0.02×95cm×50m

 

マルチングについては、こちらの記事も参考にしてください

 

防草シート

 

対象場所:
通路

 

ポリエステル等が素材の資材で、通路に貼る事で光を遮る事ができ、雑草のを防ぎます。

 

栽培の途中からの利用も簡単にできるため、

 

通路に発生する雑草が増え、手での対応が難しくなった場合でも対応できます。

 

除草効果と共に、畑の景観もよくなる効果もあります。

 

※畝に展張するマルチでも代替できますが、マルチは透水性がないため、露地の栽培は向きません。

 

防草シート

高質防草シート 黒 1m×50m 抗菌剤入り(耐用年数4~6年)厚み0.4mm 厚手 草よけシート

 

防草シート用押さえピン

SAILUN Uピン杭 黑ワッシャー付 防草シート 固定用 押さえピン 15x3cm 100本セット

 

自分で対策できない時は

 

栽培している面積や、雑草の発生状況によっては、自分で対応する事が難しい場合もあると思います。

 

除草の対策ができず、雑草の生育が進むと、花が咲き、種をつけ、被害がより広がる事が多いです。

 

そのような時は、除草の業者に依頼する事もひとつの方法です。

 

費用がかかりますが、集中的に確実に対策したい方にはおすすめです。

 

草刈り、草むしりの業者

 

【草刈り110番】

 

 


 

これまでトマトの雑草対策について、解説してきました。

 

自分で栽培しているトマトの収穫が難しい場合や、プロの生産者が育てたトマトを食べててみたい時は、野菜の宅配サービスの利用もオススメです。
らでぃっしゅぼーや(定期宅配コース)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

 

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy Tomating!!

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG