トマトの摘果を制するものは草勢管理を制する

質問する人
自分で育てているトマトを、知り合いの人が見に来ました。
その人は、たわわに実っている自慢の果房を見て、「果実多く成らせすぎ、摘果したほうがいいよ」と言われました。
こんなにかわいい果実を収穫前にとるなんて、あり得ません。

摘果の管理ってそんなに大事なんですか?

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

国内の種苗会社や、農業生産法人で北海道を中心に海外も含め、トマト栽培やトマトの研究を行い、現在は札幌市でトマト農家をしています。

 

このブログでは、自分の栽培経験を生かし、生産者の方や家庭菜園の方の疑問、質問に答える形でトマトの育て方等と紹介しています。

 


 

大玉トマトの栽培の場合、

 

僕は特別な理由がない限り、きっちり摘果する事をおすすめします。

 

なぜなら、栽培全体の成績が良くなるからです。

 

確かに、摘果する事によって、対象の房の果実の数は減ります。

 

しかし、果実を減らす作業は、その後に収穫する果実の数、量、品質を上げる事につながるのです。

 

一時的には、収穫量が減りますが、全体的には収穫量が上がるための作業。

 

それが、摘果です。

 

「せっかく実っている果実を無くすのはもったいない!」

 

という気持ちもわかりますが、

栽培期間全体で良い生育、収穫にしたい場合は、摘果の実施をオススメします。

 

今回は、摘果の効果や実際の方法についてお伝えします。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

トマトの摘果は長期の安定収穫につながる

トマトの摘果管理の重要性

 

トマトの摘果管理は、着果した果実を、収穫を待たずにある程度大きさの段階で取り除く作業です。

 

「せっかく、着果したんだからそのまま実らせて収穫したい」

と思うかもしれません。

 

しかし、この摘果作業を行う事で大きなメリットが生まれます。

 

それは、

長期の収穫を安定して行えるようになることです。

 

摘果作業をした、場所の果実は収穫できる量が減りますが、

 

栽培期間全体での収穫量を上げる事につながります。

 

では、どのような仕組みで全体の収穫量が上がるか解説しましょう。

 

果実の着果数の管理で草勢を調整できる

 

果実を生長させる事は、トマトが最もエネルギーを必要とする事です。

 

トマトの株の中には、いくつかのパーツがありあます。

  • 果実

この中で、生長するのに最もエネルギーが必要なものは、果実です。

 

しかも、果実はエネルギーをもらうだけで、作る方の働きはしません。

 

 例えば、

葉は多ければ、光合成の量が増え、体内のエネルギー源を作ります。

 

根も、増えると、吸収できる水や肥料の量が増え、体内のエネルギー源増加につながります。

 

でも、

 果実はもらうだけです。

 

トマトにとって、種子を作るのに直接関係する果実は、とっても大事です。

 

株の中の養分は果実で優先的に使われます。

 

株の中で、生長にエネルギーが必要な果実の量を少なくすると、株の中で使えるエネルギー量が減りづらくなります。

 

そして、その分を草勢維持に使う事ができます。

 

収穫量を上げるには、ちょうど良い草勢管理が必要

 

「草勢が強ければ、たくさん果実を成らす事ができて、いっぱい収穫できそう」と思うかもしれません。

 

しかし、強いすぎる場合に起こる弊害もあります。

 

そのため、栽培中はちょうど良い草勢の範囲で維持する事が、大事です。

 

さきほど、説明したとおり、

果実の数は、トマトの草勢に大きく関係します。

 

そして、その果実の数を調整できる摘果は、トマトの草勢管理 に役立つ作業となります。

 

草勢が弱い時は→多めに摘果

草勢が強い時は→少なめに摘果

というように、摘果する果実の数を調整する事で、

 

その場に応じて管理を行う事ができます。

 

トマトの摘果管理の方法

トマトの摘果管理の方法

 

では、実際の摘果の作業方法について解説していきましょう。

 

スポンサードリンク

大玉トマトは摘果する、ミニ・中玉はしなくてOK

 

基本的に、ミニ、中玉トマトの品種では摘果しなくてもOKです。

 

これは、ミニ、中玉の品種は1果房あたり全体の、果実の重量が少なく、株への着果負担も少ないためです。

 

 大玉トマト品種1段目の例:

花数 5 × 200g → 1,000g
1,000g分の着果負担が、かかります。

 

 ミニトマト品種1段目の例:

花数 10 × 20g → 200g
200g分の着果負担が、かかります。

 

この例では、ミニトマトの1段目の果実の重量は、大玉トマトに比べ、5分の1となります。

 

上の段に進むと、ミニトマトの果房全体の花数も増え、かかる着果負担も増えますが、

 

収穫が始まる時期までは、花房の段数が増えるにつれ、株の草勢も強くなりますので、摘果をしなくても耐える事のできる株の状態になっています。

 

ただ、ミニトマト、中玉トマトでも、

極端に草勢が弱い状況の場合は、摘果が必要です。

例えば

  • 開花している花房の近くの茎の太さが、5mm未満
  • 咲いた花のほとんどが着果せず、落花する

場合です。

 

摘果は、1段目の果実がゴルフボール大になってから

 

大玉トマトの摘果を行う目安の時期は、

 

果房の中の一番大きな果実が、ゴルフボール大になった時です。

 

最初の花が咲いてから、20〜30日後が目安になります。

 

この頃に摘果を行うのは、

  • 果房の中の着果がある程度揃っている
  • 変形果、チャック、窓空き果など障害果の見分けができる

ためです。

 

この時期より遅くに管理を行うと

余分な着果負担の程度が大きくなり、摘果の効果が少なくなる。

 

この時期より早くに管理を行うと

着果が揃っていなく、目標の着果数を確保できない場合がでる

障害果の見分けを行いにくい

1段目から最後に収穫するまでの、全ての段の果房を、この時期を目安にして行います。

 

基本は3〜4果残し、草勢によって要調整

 

摘果後、1果房に正常果実を3〜4果残す方法を基準とします。

 

段数によって残す果実の量を調整するのが一般的です。

 

基本の目安は以下のとおり。

・1〜2段目:3果

・3段目以降:4果

 

この基準は、

  • 1〜2段目の果実がゴルフボール大の時
  • 3段目以降の果実がゴルフボール大の時

 

それぞれの時期の、トマトの株の大きさ(葉の大きさ、枚数、草丈)を比べると、

 

段数が進むほど、葉が大きく、数も多くなるので、多く着果させても草勢を維持できるという考え方です。

 

しかし、4、5段以降など、段数が進むと4果の確保が難しい場合があります。

例えば以下のような場合です。

  • 着果している果実の数が3〜4果未満
  • もともと着果している果実の数が、3〜4果未満
  • 障害果を摘果すると、3〜4果未満になる

 

このような場合は、果実数が基準の数より少なくなっても、障害果を摘果する事を優先する方が良いです。

 

その段で少なくなった収量は、その先の段でリカバリーできるからです。

 

摘果する果実の選び方

 

摘果する(取り除く)果実の優先順位は、

  1. 障害果(変形果、チャック、窓空き、尻腐れ、灰色カビ病が発生)
  2. その時点で小さい果実

とします。

 

その他の注意等として、

・3〜4果の果実数を確保できる場合は、着果前の花も取り除く(その後着果するかもしれないので)

・極端に大きい果実が1個ある場合は、それを摘果して果房全体の果実の大きさを、揃えても良い

というように、状況に応じて、調整します。

 

トマトの摘果をあえてしない場合もある

トマトの摘果をあえてしない場合もある

 

これまでは、摘果の管理を行う事をオススメしていましたが、トマトの基本の栽培管理の中でとしています。

 

場合によっては、摘果の管理を行うと逆効果になる場合もあるので、紹介します。

 

早い時期に出荷できる低段果実で高単価を狙う場合

 

トマトは出荷する時期によって、商品を納品した時の金額が変わります。

 

1段目や2段目など、低い段数の果実を出荷する時に、高い金額で納品でき、その条件が生産者さんにとって都合が良いのであれば、

対象の段数の果房で摘果はせずに、収量を増やしたほうが良いと思います。

 

この場合は上の段では草勢が落ち、収量を落とす原因になりますが、そこは生産者さんの栽培と営業方針しだいです。

 

低段密植栽培の場合

 

栽培方法の中には、1〜2段までというように、計画的に低い段数の果実のみを収穫し、苗の植え替えの頻度を上げる事で、収量と品質を安定させるものがあります。

 

この栽培方法の場合は、収穫できる期間が少ないので、摘果はせずに、着果した全ての果実を収穫するようにします。

 


 

これまで、摘果の重要性、作業の方法について、解説しました。

 

自分で栽培しているトマトの収穫が難しい場合や、プロの生産者が育てたトマトを食べててみたい時は、野菜の宅配サービスの利用もオススメです。
らでぃっしゅぼーや(定期宅配コース)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

 

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy Tomating!!

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG