トマトの葉先枯れはどう治す?【発生の理由と対策を解説】

質問する人
1段目、2段目の果実がだいぶ大きくなってきたなーと思っていたら、胸の高さくらいの葉に、先端だけ枯れる症状が目立つようになってきました。

胞子みたいなものは、確認できないので、かびの病気ではないと思っているのですが、これって何でしょうか?

症状の発生の特徴は、葉の先端だけ枯れる事です。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、17年間トマト栽培を行っております。

 

国内の種苗会社や、農業生産法人で北海道を中心に海外も含め、トマト栽培やトマトの研究を行い、現在は札幌市でトマト農家をしています。

 

このブログでは、自分の栽培経験を生かし、生産者の方や家庭菜園の方の疑問、質問に答える形でトマトの育て方等と紹介しています。


質問のような症状が確認できる時は、

 

「葉先枯れ」が発生している事がほとんどです。

 

葉先枯れは、一見すると葉に発生する病気のようにも見えますが、肥料要素のカリが不足する事で発生する「生理障害」のひとつです。
このような背景もあり「葉先枯れ」は、別名「カリ欠(かりけつ)」とも呼ばれます。

 

トマトの株の生育が進み、実る果実の数が多くなり、肥大が進むと、果実が大きくなるために必要な「カリ」の量が多くなります

 

その結果、

根から吸収させる「カリ」が、果実で優先的に利用され、葉の部分で不足し、葉先枯れの症状が発生します。

 

葉先枯れは、病気ではないため、発生後に症状が他の株に移るという事はありませんが、葉の組織が傷つく事で、カビ性の病気がその傷口がら侵入しやすくなるため、注意が必要です。

 

葉先枯れを治すには、

 

 葉に十分な量のカリを供給する

 

この事が、対策になります。

 

特に

カリ系肥料の葉面散布が、即効性があり、最も効果の高い対策です。

 

葉面散布(葉から吸収)が効果的となるのは、

  • 症状となっている場所に、直接必要な成分が届く事
  • 土の中に十分なカリが含まれていても、いくらカリを含む肥料を根から追肥しても、間接的な要因でカリが利用されない場合が多くあるから

です。

 

また、「葉先枯れ」の症状は、株全体で「カリ」が不足しているというサインでもあるため、「カリ」系肥料の追肥が必要な時期の参考とする事ができます。

 

今回は、トマトの「葉先枯れ」症状や、対策のポイントについてくわしく解説します。

 

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

トマトの葉先枯れはどんな症状?

トマトの葉先枯れはどんな症状?

トマトの葉が枯れる症状には、病害の発生、しおれ、肥料分の不足によるものなど、いくつかあります。

今回解説する、葉先枯れも葉が枯れる症状ですが、他の葉が枯れる症状と比べて、どのような特徴があるのでしょうか?

 

トマトの「葉先枯れ」は、葉の先端が枯れる

 

名前のとおり、

トマトの葉先が枯れる症状です。

 

葉先を含めて葉の全体が枯れるのではなく、葉先だけが枯れます。

 

この症状の発生理由は、肥料の要素のひとつである、「カリ」が不足する事であるため、別名「カリ欠(かりけつ)」と呼ばれる事もあります。

 

 

トマトの葉先枯れは、病気ではなく生理障害

 

葉が枯れている症状を見ると、

 

「病気が発生したのかな?」

 

と、思う方も多いかなと思いますが、トマトの葉先枯れは、病気ではなく生理障害の一種です。

 

 

葉先が枯れる事で病害発生のきっかけとなる

 

「葉の先が枯れるくらいであれば、ほっといても良いのでは?」

と思うかもしれませんが、

 病害の発生のきっかけにつながるため、対策を行う事が重要です。

 

特に、灰色かび病は、枯れて活性がなくなった葉や、花びらのカスなどで、繁殖しやすいため、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

トマトの葉先枯れの発生の理由

トマトの葉先枯れの発生の理由

トマトの葉先枯れは、紹介したとおり生理障害のひとつです。

では、どのような要因が発生に関係しているのでしょうか?

 

直接的な発生の要因は「カリ」の不足

 

カリは、チッソ、リン酸とともに、重要な肥料の3要素です。

トマトの生育の中では、特に、果実が肥大するために必要な要素となります。

 

このため、トマトの株に実る果実の数が増え、それぞれの果実の肥大が進むと、

果実でカリの必要量が増えます。

 

トマトは、葉よりも、果実の生育を優先する傾向があるため、

株全体で利用できるカリの量が不足すると、葉への供給が追いつかず、葉先の枯れ症状として表れます。

 

 

カリが不足する間接的な要因

 

 カリが不足するなら、追肥でカリを与えれば良いでは?

 

そう考えるのは当然ですよね。

 

しかし、カリ不足に対応するために、土壌中に十分な量のカリを施してもなお、トマトの株の中で不足して、葉先枯れが発生する事がよくあります。

 

それは間接的な原因が関係して、トマトがうまくカリを吸収できない状態となっているからです。

実際の栽培の中で葉先枯れが発生するのは、直接的にカリが不足するよりも、間接的な原因でカリが不足(吸収されない)事がほとんどです。

 

代表的な間接的原因には、次のようなものがあります。

 

根の動きが悪く、土壌中のカリの吸収量が少ない

 

土壌の環境が悪く、根の動きが良くない場合にカリの吸収が弱くなり、葉先枯れの発生につながります。

 

 例えば

  • 土壌の地温が低い
  • 土壌内が過湿の状態となっている
  • 土壌病害の発生で根の活性が落ちている

などです。

 

トマトの果実の肥大が、一時的進みカリの供給が追いつかない

 

仮に、十分な量のカリが施されており、根の動きが良好でも、

トマトの株の着果の状態(実っている果実の数や大きさ)や、気象の条件により、一時的に急激に果実の肥大が進む時があります。

 

そのような場合、根からのカリの吸収が、一時的に必要な量に追いつかず症状が発生します。

 

栽培している品種の特性

 

トマトの品種の特性によっても、葉先枯れの発生の程度は変わります。

例えば、同じ畑に、2つの品種を並べて栽培した場合、同じ管理をしていても、発生の程度に差がでる場合があります。

 

スポンサードリンク

 

トマトの葉先枯れの対策

トマトの葉先枯れの対策

 

前の章で説明したとおり、十分なカリを施すのと同時に、そのカリを利用、吸収しやすいようにする事も重要です。

症状が発生した後の対策、発生する前に予防的に行う対策の方法について解説します。

 

症状発生後の対策

 

 1度発生した葉先枯れの症状を、発生前の状態へ回復させる事はできません。

 

ですので、

葉先枯れが発生した場合は、病気の発生などの2次的被害を防ぎ、その後の発生を抑える対策をする事が大事です。

 

発生後の対策①:カリ系肥料の葉面散布

 

葉先枯れが発生している時は、理由は何であれ、葉へのカリ供給量が不足しています。

 

 このような時に効果的なのが、葉面散布です。

 

なぜなら、

葉面散布は、カリを効かせたい「葉」へ直接成分が届きます。

そのため、速効性があり、安定した効果を得る事ができます。

 

葉先枯れの症状を回復させる事を、目的につくられた、肥料の資材もあり、こちらを利用すると効率的に対策を行えます。

 

トマト元気液肥の説明資料

 

この資材は、桃太郎トマトの開発メーカー、タキイ種苗が販売しており、葉面散布でも、液肥灌水の追肥として利用する事も可能です。

 

タキイのアミノ酸入リン酸・カリ肥料 トマト元気液肥 【1100cc】

タキイのアミノ酸入リン酸・カリ肥料 トマト元気液肥 【10kg】

タキイのアミノ酸入リン酸・カリ肥料 トマト元気液肥 【20kg】

 

  • 効果の速効性を求める場合は、葉面散布
  • 確実な効果を求める場合は、液肥灌水による追肥

という使用方法が、オススメです。

 

葉面散布の方法については、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事

トマトの栽培技術の中に、葉面散布がありますよね。「葉っぱ」に、いろいろ散布すると思うのですが、いったいどのようなものなのでしょうか?どのような効果があって、どういう時に使うものですか?薬剤散布とはどのよう[…]

【プロへの第一歩】トマトの葉面散布に挑戦【基礎知識から実践まで】

 

発生後の対策②:症状が発生した葉の摘葉

 

ある程度の面積で、ある程度の株数を栽培している環境では、手間がかかりすぎて現実的ではないですが、

 

 家庭菜園等で、小規模の栽培であれば、良い対策になります。

 

1度症状がでると、いくらカリを与えても、その症状が回復する事はありません。

 

そのため、発生している部位をなくすためには、葉を取り除く管理が必要です。

 

このときに、葉全ても取り除く必要はなく、症状が出ている部分のみ、ピンポイントで取り除けばOKです。

 

発生後の対策③:症状発生後の薬剤散布

 

症状が発生した場合、その発生部位を全て取り除く事ができれば、それが一番良いのですが、

発生の状況や栽培規模によっては、そうとう難しくなります。

 

特に、葉を取り除く作業は、数千株単位で栽培している人は、大変です。

 

そのため、ある程度葉先枯れが発生した場合は、予防的に薬剤散布を行う事が、2次的被害の病害発生を防ぐ対策となります。

薬散の対象病害は、灰色かび病とします。

 

 せっかく薬剤散布するなら、葉面散布も一緒の行うと良いです。

 

方法①で紹介したカリ肥料は、農薬と混ぜて一緒に散布する事も可能です。*1

せっかく、薬剤散布するなら、葉面散布も一緒に行ったほうが、対策の効果は高くなるし、作業の効率化にもなります。

*1)一部混ぜる事ができない農薬もありますので、使用前に確認してください。

 

トマト灰色かび病については、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事

先日、栽培中のトマトのへたに「かび」が発生しているのを発見しました。なんだか、はっきりしたカビ胞子がくっついていますね。自分なりに調べて、「灰色かび病」ではないかなと予想しています。近所のトマト農家さんに、質問したと[…]

【トマトの灰色かび病】発生の特徴と対策方法を解説

 

症状発生前の対策

 

例えば、同じ場所で何度か栽培していて、毎年、葉先枯れが発生する時は、発生前に予防的に対策する事が有効です。

 

発生前の対策①:根域の環境を根の動きやすい状態にする

 

いくら土壌中に十分な「カリ」があっても、根の動きが悪いと供給する事ができません。

 

根域の環境をよくするには、

  • マルチングによる地温の確保、土壌水分状況の安定
  • 土作りによる土壌環境の最適化

を行います。

 

マルチングの効果、方法についてはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

トマトを栽培する人って、プロの農家さんでも、家庭菜園でも、畑にマルチを張って苗を植える人が多いですよね。あんなぺらぺらのフィルムを張るだけなのに、何か良い事ってあるんですかね?でも、みんなやっているから気になります。[…]

【効果を引き出す】トマト栽培のマルチング

 

発生前の対策②:カリ系肥料の追肥と葉面散布

 

発生後の対策として紹介した、カリ系肥料の葉面散布は、発生前の対策としても効果的です。

 

適正な元肥の施肥と、良い根域環境となっている場合でも、葉先枯れは発生します。

 

果実の肥大が一時的に、急激に進み、根からの供給だけでは追いつかなくなる事があるからです。

 

予防として行う葉面散布の、効果的なタイミングは、

 

 雨天、曇天続き後の晴天日です。

 

 例えば、

4日間、曇りの日が続き、5日目に晴天の天気となる場合、5日目に葉面散布を行います。

このように、曇や雨の日が続いた後に、急に晴天となると、トマトの生育と果実の肥大が一時的に急激に進みます。

 

週間の天気予報などで、ある程度の期間の天気は予想できますので、気象の情報も参考にして実施のタイミングを決めます。

 

摘果による着果させる果実数の制限

 

これまで説明してきたとおり、カリは果実での供給量が多く、優先的に使用されるため、葉への供給が不足する原因となります。

 

そのため、

果実の数を制限する事は、トマトの株全体で利用できる「カリ」の量が増えるため、葉先枯れの対策となります。

 

摘果の作業は、トマトの草勢管理を行う事が主な目的です。

 

葉先枯れの発生が気になる場合は、目的のひとつに含めて、どの程度摘果を実施するか考えるのもよいと思います。

 

摘果の作業については、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事

自分で育てているトマトを、知り合いの人が見に来ました。その人は、たわわに実っている自慢の果房を見て、「果実多く成らせすぎ、摘果したほうがいいよ」と言われました。こんなにかわいい果実を収穫前にとるなんて、あり得ません。[…]

トマトの摘果を制するものは草勢管理を制する

 


トマトの葉先枯れの発生理由、対策について、解説しました。

 

自分で栽培しているトマトの収穫が難しい場合や、プロの生産者が育てたトマトを食べててみたい時は、野菜の宅配サービスの利用もオススメです。
らでぃっしゅぼーや(定期宅配コース)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

 

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy Tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG