トマトの皮むきの方法【バラを作る方法も解説】

質問する人
トマトを使ったパスタをよく作ります。
煮炊きする時は、トマトの皮を湯むきしてから使います。
たくさんのトマトを使う時って、この皮むきの作業が、けっこう手間になります。
湯むき以外に、何か良い方法ってありますか?
あと、取り除いた「皮」を有効活用できる方法があったら、教えてほしいです。

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

僕も、トマトのパスタは大好きです。

でも、とまと家の僕は、トマトは食べるより、見るほうが好きなので、見て楽しむトマトも大事にしています。

 

 

今回は、トマトの皮むきの方法、特徴と、皮の有効活用方法も紹介します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

トマトの皮むきの理由【そもそも何でむく?】

トマトの皮むきの理由【そもそも何でむく?】

トマトを料理に使う際に、多くの場面で皮をと取り除きますが、いったいどうしてなのでしょう?

まずは、皮の性質的な特徴も知った上で、考えてみましょう。

 

トマトの皮ってどんなもの?

 

トマトの皮は、外果皮、中果皮、内果皮の3つからなりますが、日常の生活の中で、トマトの「皮」の扱いをされるものは、外果皮です。

この記事では、トマトの皮=外果皮として説明していきます。

 

このトマトの皮は、クチクラ層で覆われています。

クチクラ層は基本的に、水もガスを通さない作りです。

 

そして、トマトの皮はとっても丈夫です。

例えば、僕は北海道でトマトの栽培をしています。

秋の栽培が終了する時に、裂果したトマトや、腐ってしまったトマトの果実を、外に山にして捨てます。

 

その後、雪が降り、冬を通り越し、春になります。

雪が溶けて、トマトを山にした所を確認すると、けっこう果実の姿を残して残っています。

果実というより、皮が腐らず残っているのです。

中身はないですが、皮だけは残ります。

 

トマトの皮むきをする理由

 

サラダなどで、トマトを食べる場合は、皮むきする事は少ないと思いますが、トマトのソースなど加熱して、料理する時は皮をとる事が多いです。

 

トマトに熱を加えると、皮がとれてしまい、果肉と一緒ではなく、皮だけの状態となり、皮の食感が目立ってしまうからです。

 

僕もトマトソースのパスタなんかを、けっこう自分で作って食べますが、皮むきしないトマトを使うと、結構ソースの中の皮がきになっちゃいます。

 

 

トマトの皮むきのやり方

トマトの皮むきのやり方

トマトの皮むきには、どのような方法があるのか、そろぞれの方法の特徴を、確認してみましょう。

 

スポンサードリンク

トマトの皮むき5つの方法

  1. 火であぶる
  2. お湯に入れる
  3. 電子レンジを利用する
  4. 冷凍して解凍する
  5. ナイフ、ピーラーで切る

 

火であぶる

・簡単にできて、効果の高い方法です。
・最近、家庭ではやりのIHのコンロではできない方法となります。

 

ヘタを取り除き、フォークを刺し、トマトの果実を直接あぶります。

20〜30秒、火に当てると皮が裂けてきます。

果実全面を均一に、火にかけるとキレイに皮がむけます。

 

 

お湯に入れる

・トマトの皮むきの方法で最もオーソドックスかもしれません
・火であぶると、皮が焦げる事がありますがお湯だと、キレイなままです。
・IHのコンロでも行える方法です。

 

お湯を沸かして、トマトをチャポンと入れます。

20〜30秒程度で、皮が裂け始めるので、そのタイミングで取り出します。

トマトを使うパスタを料理する際の、パスタを茹でるお湯を湯むきにも使うと効率的です。

 

 

電子レンジを利用する

・レンジを使うので、火もお湯も必要としないので簡単にできる
・皮のむきやすさは、火であぶる、お湯に入れる方法よりも劣る

 

600Wのレンジで、大玉トマトであれば、ラップをせずに、30秒程度づつレンジで加熱します。

トマトの大きさにもよって、適度な時間が変わるので、皮に裂け目が確認できるまで、様子をみながら時間を延長します。

 

 

 

冷凍して解凍する

・解凍と同時に皮がむけます
・冷凍する時間と、解凍する時間が必要となります

 

皮をむくためにトマトを冷凍する方は、少ないと思います。

トマトを長期間保存するために、冷凍して、そのついでで、皮が簡単にむけてラッキーという感じだと思います。

この方法の場合、皮を「むく」というよりは、「とる」という感じで、ふわっと、とろっと、とる事ができます。

 

 

ナイフ、ピーラーで切る

・ナイフでむくのは、少々時間がかかりますが、最近はトマト専用のピーラーなどの商品があり、簡単にできます。
・加熱されない方法なので、サラダなど生でトマトを利用する時にも、役立ちます。

特に決まった方法は、ありません。

横の方向に切ったり、立ての方向に切ったりです。

 

デザインがとってもクールで、オススメトマト用ピーラーはこちら

ののじ 皮むき トマトピーラー III TMP-03

 

 

トマトの皮むきで「バラ」を作る方法

トマトの皮むきで「バラ」を作る方法

せっかく、手間をかけて皮をむくのなら、その皮を何かに使えないかなと、思うのが自然ですよね。

ここでは、トマトの皮を活用する方法を紹介します。

 

トマトの皮は「バラ」になる

トマトの皮は「バラ」になる

トマトの皮を利用すると、写真のようなバラを作る事ができます。

皮を取り除いた果肉は、調理に使い、普段は捨ててしまう皮はデコレーションに使い、1度で2度美味しいトマトの活用方法です。

 

トマトの皮のバラの作り方

  1. へたを取り除く(硬い芯の部分はそののまま)
  2. へたがあった部分から、皮を切り始める(へたの硬い部分も一緒に切る)
  3. 横の方向に途中で、途切れないように切る(幅は1cm前後が目安)
  4. 切り終わったら、お尻の部分を中心に、皮を丸め込む
  5. 完成
へたを取り除く(硬い芯の部分はそののまま)
へたを取り除く(硬い芯の部分はそののまま)
へたがあった部分から、皮を切り始める(へたの硬い部分も一緒に切る)
へたがあった部分から、皮を切り始める(へたの硬い部分も一緒に切る)
横の方向に途中で、途切れないように切る(幅は1cm前後が目安)
横の方向に途中で、途切れないように切る(幅は1cm前後が目安)
切り終わったら、お尻の部分を中心に、皮を丸め込む
切り終わったら、お尻の部分を中心に、皮を丸め込む
完成
完成

 

大玉トマトが使いやすいですが、ミニトマトでもできます(この場合、使うナイフは小さいものが向く)

黄色のトマトや、緑のトマトを一緒に飾るともっとキレイです。

 

フルーツカービング用のナイフを利用すると、最高に向きやすいです。

フルーツ&ベジタブルカービングナイフ(初心者向)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG