【変化球あり】オススメの生トマトの食べ方10選

質問する人
この前、居酒屋に行った時の話なんですが、一緒に行った知り合いの人が、トマトの入ったサラダを頼みました。
そして注文する時に、「トマトにドレッシングはかけないで」とリクエストしました。
理由を聞くと、その知り合いが言うには、トマトはそのまま食べるのが、一番美味しい食べ方らしいです。
ちなみに、私はドレッシングとか、マヨネーズをかけて食べたいです。
ふと思ったのですが、生のトマトには、どんな食べ方があるんでしょうか?

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

トマトの栽培歴は17年ですが、トマトを食べている歴は、おそらく30年くらいになるかと思います。

 

たしかに、生のトマトに何をかけるのが美味しいのかという話題は、永年の課題です。

目玉焼きに何をかえるかより、もっと深い課題かもしれません。

 

今回は、生のトマトにはどのような食べ方があるか、10の方法をピックアップして紹介します。

まだ、試した事のない方法を知ったかたは、ぜひ新しい食べ方にチャレンジしてみてください。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

【変化球あり】生トマトの食べ方10選を紹介

【変化球あり】生トマトの食べ方10選を紹介

トマトを手軽に食べる事のできる方法は、やっぱり生のまま食べる事です。

トマト料理には、冷製のパスタや、冷製のスープなど、生のトマトを材料に使うものもありますが、今回は、調味料をかえる程度の調理にとどめた、トマトの食べ方10選を紹介します。

 

そのまま食べる

はい、そのまま食べます。

果実のまま、パクッと丸かじりする方もいますが、

ある程度の大きさに、切ってから食べる方法が、一般的かもしれません。

 

トマトに、同じ味はありません。

同じ産地、時期、品種でも、栽培する環境や栽培者の管理の方法で、味は大きく変わります。

 

本当のトマトの味を味わうには、一番の方法です。

 

皮をむいて食べる

皮を剥くだけでも、けっこう味の感じ方は違います。

そして、食べやすい。

トマトの皮を剥いてから、生のトマトを提供すると喜んでくれる方って、結構いっぱいいます。

 

調理する方は、少々手間がかかりますが、特別な事をしなくても、美味しく食べる事ができる方法です。

 

トマトの皮のむき方は、こちらの記事も参考にしてください。

 

ドレッシングをかける

トマトのサラダとなれば、ドレッシングをかける事が多いと思います。

トマトの味よりは、ドレッシングの味が目立ちます。

生のトマトを食べるのが、苦手な方はこの方法が食べやすいですよね。

 

 

スポンサードリンク

マヨネーズをかける

サラダといえは、ドレッシングですが、冷やしトマトをいえば、マヨネーズが定番かもしれません。

 

この方法も、トマトの味よりマヨネーズの味が目立ちます。

 

醤油をかける

醤油をかける、または、つけて食べる方法は、少数派かもしれませんが、私の祖父はこの食べ方が好きでした。

「おかず=醤油をたっぷりかけて食べます」という方にオススメの方法です。

 

塩をつける

トマトを、お皿に準備したお塩に、チョンチョンとつけながら食べます。

以前、ロシアで仕事したときに、この方法を知りました。

現地では、生のトマトを食べるときは、当たり前のように行われている方法です。

 

正直、特別な事はなく、塩+トマトの味です。

 

ケチャップをかける

これは、tomato on tomato です。

食卓のトマト祭りです。

トマトが大好きで、たくさんトマトを感じたい方にオススメです。

 

ちょっと変わっている食べ方に思うかもしれませんが、豆腐に醤油をかけて食べるのと同じ事だと思えば、納得の食べ方です。

 

粉チーズとオリーブオイルをかける

2つの調味料をかける方法で、ちょっとずるいかもですが、勘弁してください。

スライストマトとチーズを挟んで、バジル、オリーブオイルをかけて食べる「カプレーゼ」のメニューの簡易版をイメージした食べ方です。

 

チーズが苦手な方以外は、ほとんど方にヒットする方法です。

 

はちみつをかける

これまでは、しょっぱい系の調味料でしたが、甘い系になりました。

はちみつのマイルドな甘さと、トマトの酸味のコンビネーションが良く、なかなか箸が進みます。

 

練乳をかける

トマトはイチゴではありません。と思う方もいるかもしれませんが、試す価値ありです。

酸味の強い野菜のトマトも、練乳パワーで、ミルキーな世界へ連れて行ってくれます。

 

 

砂糖をかける

僕が子供の頃に、おばあちゃんから、教えてもらった方法です。

 

グラニュー糖や、上白糖をかけて食べます。

トマトのゼリー部と、砂糖のざらざらが合わさった食感が結構やみつきになります。

 

 

【とまと家・中島が選ぶ】オススメの生トマトの食べ方

【とまと家・中島が選ぶ】オススメの生トマトの食べ方

これまで、紹介した10個の食べ方で気になる方法はありましたか?

たくさんあって、どれを試そうか迷っているあなたへ、オススメの方法紹介します。

 

生のトマトに何をかえるか迷った時は、お砂糖でどうぞ

個人的な好みが強く関係しますが、とまと家の僕の一番のオススメは、

砂糖をかける方法です。

 

この食べ方の魅力を知ると、もう他の方法には戻れないかもしれませんので、ご注意を。

 

トマトに砂糖をかけて美味しく食べるポイント紹介します。

 

  • トマトは赤道部に平行にスライス切り
  • 使う砂糖は上白糖
  • 砂糖の量は、1つの果実に大さじ3杯以上

 

・トマトは赤道部に平行にスライス切り

トマトに砂糖をかけて食べる際の、一番の醍醐味は、ゼリー部と砂糖のコンビネーションです。

切り方によっては、ゼリー部がうまくでない事もありますので、トマトのへたを上にして、水平方向にスライスする方法が向きます。

 

・使う砂糖は上白糖

上白糖は砂糖の粒子が粗いため、ゼリー部に溶けた際も砂糖の食感が残りやすいです。

このゼリーに溶けた砂糖の「シャリ感」が、重要で、ガツンと甘いトマトの味を際立たせてくれます。

 

・砂糖の量は、1つの果実に大さじ3杯以上

せっかく、砂糖をかけるなら、中途半端な量をかけるのは裂けるべきです。

オススメは、200g程度の大玉トマトに大さじ3杯以上の砂糖です。

 

たくさんかけるほどに、シャリ感がまし、甘さのパンチも強くなり、この食べ方の特徴を生かす事ができます。

 

という事で、そうとう甘党のみなさん向けの、オススメの方法となりましたが、

 

甘い物は別腹、食事でおなかいっぱいになっても、この方法でいっぱいトマトを食べてくださいね。

 

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

happy tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG