トマトが発芽する日数【播種〜芽が出るまで】

質問する人
トマトの種まきをしました。
日中は地温30℃、夜間は地温20℃くらいで管理しています。

この内容で管理を続けると、何日後に発芽しますか?

管理する温度で、発芽までの日数は変わると思いますが、目安作り方などがあれば、それも教えてほしいです。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、17年間トマト栽培を行っております。

 

国内の種苗会社や、農業生産法人で北海道を中心に海外も含め、トマト栽培やトマトの研究を行い、現在は札幌市でトマト農家をしています。

 

このブログでは、自分の栽培経験を生かし、生産者の方や家庭菜園の方の疑問、質問に答える形でトマトの育て方等と紹介しています。

 


 

トマトの種まきをした後は何だか緊張しますよね。

 

発芽すると、わかっていても、

やっぱり、しっかり芽が出揃うまでは心配になります。

 

トマトの発芽は、種が播かれている土の中の温度(地温)によって、必要な日数が大きく変わります。

 

 例えば、

高い温度で管理すると、発芽が早くなり、低い温度だと遅くなります(適正な範囲内で)。

 

このように、種まき後からの地温の積算温度が大きく関係するのが、発芽の特徴です。

 

この事を利用する事で、温度と発芽までの目安の日数を作る事ができます。

 

この記事では、自分なりの基準をもとに、トマトが発芽する日数、その目安について解説していきます。

 

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

トマトが発芽するまでの日数は?

トマトが発芽するまでの日数は?

 

トマトの種まきは、栽培環境、時期や種子の種類によって、条件が変わりますが、

 

その条件に関係なく、

 

播種後、発芽開始までの日数の目安の出し方を解説します。

 

播種後の積算地温100℃が目安

 

一定の地温の範囲内という条件が付きますが、

 

播種後、積算地温100℃のを発芽開始の目安にする事ができます。

 

一定に地温の範囲は、

播種後の最高地温が35℃以下、最低地温が15℃以上です。

 

 例えば、

終日30℃で管理

3.3日後

 

日中12時間30℃、夜間12時間20℃で管理

4日後

 

終日20℃で管理

5日後

というような目安です。

 

 これらの目安は、培地の水分条件が適切な場合の目安になります。

 

過剰に培地が乾燥する場合や、加湿の条件の場合は、そちらが原因で発芽不良となる場合もあります。

 

地温の測り方

 

①棒温度計

地温を測るには棒温度計があれば大まかな変動はつかめます。

シンワ 棒状温度計 30cm 100度 72910

 

②最低最高温度計

最高温度と最低温度を記録してくれる(リセットするまで)タイプもあります。

特に最低気温はリアルタイムで把握しにくいため、よりこまかく地温の把握をしたい場合に向きます。

佐藤計量器温度計 最高最低温度記録

 

③データロガー温度計

データロガータイプのものは、測定した地温を記録する事ができ、積算温度の把握にも便利です。

ただ、機材が高価なため、①か②の準備で十分な場合が多いです。

ティアンドデイ 温度記録計 おんどとり(無線LAN) TR-71wb

 

プライミング処理の種子は発芽までの日数が短い

 

通常の種よりも、播種後、発芽しやすい状態になるように「プライミング処理」された種子があります。

 

種子が吸水して発芽に至るまでの過程を、人工的に進めて、種子の中で、発芽までの段階をすすませる技術です。

 

この処理がされた種子は、通常のものよりも

  • 発芽までの日数が0.5〜1.0日早くなる
  • 発芽開始後の全体発芽揃いが良くなる
  • 不良環境下での発芽向上が良くなる

というような特徴があります。

 

メーカによっては、トマトのプライミング処理された種子は、一般での販売がなく、受注販売のみの扱いになる場合もあります。

 

播種する際には、プライミング処理されたものかどうかを、確認する必要があります。

 

メーカーによって、処理の名前が違いますが、カタログや種子の袋を見ると簡単に確認できます。

 

メーカーのトマト種子へのプライミング処理名


サカタのタネ:PRIMAX

タキイ種苗:エクセルプライム

 

スポンサードリンク

発芽完了と判断できる状態とは?

 

  • 発芽率80%になるまで
  • 最初の発芽から2日後まで

このどちらかの条件になるまでは、発芽完了とせず他の種の発芽を促すための、地温を高くする管理をします。

 

例えば、

発芽した後も、20〜25℃の高い夜温での管理を続けると、苗が徒長しやすいため、なるべく早い段階で夜温を下げるべきです。

 

しかし、全体の5%程度しか発芽が始まっていないタイミングで、下げてしまうとこれから発芽する種に影響が出てしまいます。

 

そのため、

地温の管理や、水分管理は、トレイ全体の苗の発芽が開始して、発芽が揃ってから、変更するほうが良い管理になります。

 

トマトの発芽まで日数の活用方法

 

播種後の発芽開始までの、目安日数がわかれば、それを基準に必要な管理の準備ができます。

 

では、どのように、この目安を苗の管理で役立てるべきか解説します。

 

被覆資材除去のタイミングの目安に

 

トレイに種を蒔いた後に、表面に被覆をする場合があります。

 

被覆の管理は、培土の水分の乾燥を防ぎ、灌水しなくても適湿な条件を保ち、地温の保温を行う効果もあります。

 

しかし、

発芽が開始した後も、継続して被覆を行っていると、苗が極端に徒長(茎が細く伸びすぎる)してしまいます。

 

苗の近くで、常時、状態を確認できれば、発芽開始と同時に被覆を取り除く事ができますが、頻繁に苗の確認ができない状況では、目安を基準に作業でき、役立ちます。

 

種子の皮かぶりを防ぐ目安に利用する

 

発芽後、子葉が展開する時に、種子の皮が、そのまま子葉についたままになる事があります。

 

そのままにしておくと、子葉がさけてしまったりと、小さな被害かもしれませんが、数多くの苗がそのようになっていると、気になります。

 

皮かぶりの原因は、培土の中から苗の頭が、地上に持ち上げる時に培土の水分が乾燥気味になることです。

 

種子の皮と、中の苗との摩擦が少なくなり、皮が取れずそのまま地上部に持ち上がってしまいます。

 

そのため、

発芽が開始する時には、培土の、特に表面が適度な水分になっている事が大事です。

 

一番先の発芽を確認した直後のタイミングで、培土の表面を確認して、乾き気味であれば灌水しても効果がでますが、

 

皮かぶりが気になるようであれば、予定の発芽日の1日前に軽く灌水すると良いでしょう。

 


 

これまで、トマトの発芽に必要な日数について、解説しました。

 

自分で栽培しているトマトの収穫が難しい場合や、プロの生産者が育てたトマトを食べててみたい時は、野菜の宅配サービスの利用もオススメです。
らでぃっしゅぼーや(定期宅配コース)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

 

とまと家・中島がお届けしました。

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG