「ミニキャロル」の特徴【トマトの家庭菜園といえばこの品種!】

質問する人
家庭菜園で、ミニトマトの栽培を始めたいと思います。
苗を購入するのに、近くのホームセンターに行くと、「ミニキャロル」という品種が販売されていました。
他にも、数種類ミニトマトの種類がありましたが、「ミニキャロル」の品揃えが良かったです。
ミニトマトを家庭菜園で栽培をする時は、この品種は作りやすいですか?
また、甘い果実がたくさん収穫できる育て方も教えてください。

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、17年間トマト栽培を行っております。

国内の種苗会社や、農業生産法人で北海道を中心に海外も含め、トマト栽培やトマトの研究を行い、現在は札幌市でトマト農家をしています。

このブログでは、自分の栽培経験を生かし、生産者の方や家庭菜園の方の疑問、質問に答える形でトマトの育て方等と紹介しています。

 

ミニキャロルは、糖度の高い果実が、簡単にたくさん収穫しやすい品種の特性を持ち、家庭菜園向けのミニトマトで人気の高い品種です。

また、栽培しやすい品種のため、小学校などのプランター栽培にも利用される事が多いですね。

 

ミニキャロルは、農家さんからも愛されている、ミニトマトの品種です。

ミニキャロルの販売メーカー「サカタのタネ」で開発、販売している、ミニトマトのキャロルシリーズは、今では10種類ほどとなり、最新の品種もこの「ミニキャロル」をベースに改良されています。

 

今回は、家庭菜園の定番品種「ミニキャロル」の特徴や、育て方のコツについて解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。
菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

「ミニキャロル」の品種特徴と育て方のポイント一覧

「ミニキャロル」の品種特徴と育て方のポイント一覧

 

詳しい解説を行う前に、「ミニキャロル」の品種の特徴と、育て方の要点をリストアップします。

 

品種の基本情報

販売種苗メーカーサカタのタネ
販売開始年1999年以前
メーカー小売り販売価格(2019年11月時点)小袋1袋(14粒)440円(税込)
 5ml (約1,400粒) 1袋 14,740円(税込)
家庭菜園用の苗の流通多い

 

果実の特徴

食味糖度高く極良食味
1果平均重15〜20g
果実の形豊円〜腰高(ちょっと縦に長いタイプ)
1房の果実数12〜18果程度/シングル果房、35〜60果程度/ダブル果房
熟期※1早生
果実の硬さ※2普通

※1)熟期=開花〜着色(収穫可能時期)までの早さ(1.極早生→2.早生→3.中生→4.晩生、の順で早い)

※2)果実の硬さ(1.普通→2.硬い→3.とても硬い、の順で硬い)

 

生育の特徴

草勢やや強い
葉の大きさやや大きい
節間中程度
病気の強さ葉かび病(Cf-9)に耐病性はない

 

上手に育てる栽培管理のコツ

適する栽培作型夏の時期(5上旬〜6月上旬が定植の目安時期)
若苗定植むかない
肥料(基肥)の目安チッソ:7〜10kg、リン酸:15〜20kg、カリ:15〜20kg
定植〜追肥(定植後の肥料)開始時期までのの水管理通常量で行う
定植後追肥(定植後の肥料)の開始時期4段目開花の頃
追肥(定植後の肥料)の実施頻度週に1回(草勢が弱い時は2回)
1回の追肥量(定植後の肥料)普通量で行う(1回の追肥量はチッソ成分で1kgが目安)

 

「ミニキャロル」の品種特徴

「ミニキャロル」の品種特徴

 

ミニキャロルが、家庭菜園で人気の品種である理由は、甘い果実が、割れないで、たくさん収穫できる事です。

この章では、ミニキャロルの詳しい品種の特性を深掘りします。

 

「ミニキャロル」は「サカタのタネ」から販売されているミニトマトの品種

「ミニキャロル」は、種苗会社「サカタのタネ」から販売されている、ミニトマトです。

発売当時は、病気に強く、甘い果実を、割れずにたくさん収穫できる事を目標に開発されました。

サカタのタネからは、多くのミニトマトが開発されており、同じく家庭菜園で人気の「アイコ」も代表的な品種です。

 

現在では、「ミニキャロル」をベースに、さまざまな「キャロル」シリーズのミニトマトが販売されており、最新作の「キャロルムーン」や、国内のミニトマト産地で高いシェアを持つ「キャロル10」などが、このラインナップに含まれます。

 

 

「ミニキャロル」の果実は糖度が上がりやすい

ミニキャロルは、糖度の上がりやすい品種です。

株の生育の勢い(草勢)が強くて、スタミナがある株の特徴があるため、肥料を効率的に利用する事ができ、高糖度の果実の生産を可能としています。

ミニトマトの場合、糖度7度を超えると、強い甘みを感じますが、この品種の場合は、8度以上の果実で揃いやすく、気象条件や栽培管理の条件が揃うと、糖度9度を超す事も珍しくありません。

 

 

「ミニキャロル」は割れにくい

ミニキャロルは、果実が割れにくい特徴を持ちます。

これは、果実の果肉と、果皮のバランスが良く、果実の中で水分がうまくコントロールされている事が関係していると考えます。

果実が割れる現象は「裂果」と呼ばれる生理障害ですが、特に、急に大量の水が根から吸収された時に起きやすく、家庭菜園は露地での栽培がほとんどで、雨による土壌の水分管理はできません。

そのため、果実が割れにくい特徴も、家庭菜園で人気をなる理由となっています。

 

 

「ミニキャロル」は草勢が強い

ミニキャロルは草勢が強い品種で、家庭菜園の栽培に向きます。

草勢の強い品種は、根の動きも良く、土壌中の水や肥料を効率的に吸収する事ができます。

灌水や追肥に管理が出来ない状況でも、安定して生育する事が可能となり、果実の糖度が上がり、収穫量も増える事につながります。

このような特徴もあり、トマトの栽培経験のない方でも、作りやすいミニトマトの品種として知られています。

 

 

 

「ミニキャロル」の育て方のコツ

「ミニキャロル」の育て方のコツ

 

ミニキャロルの栽培で、甘い果実を、たくさん収穫するには、この品種の特徴を理解して、それらを生かす栽培管理を行う事が重要です。

畑の準備から、重要な育て方のコツを紹介します。

 

栽培する時期は夏期が向く

ミニキャロルは、夏期の栽培が向きます。

苗の植え付けを、5月上旬〜6月上旬に行い、収穫が7月中旬〜8月上旬頃より開始するような、スケジュールに向きます。

ミニキャロルの葉は、やや大きめで、節間も短いかく、株全体に光りが当たりにくいため、太陽の光が強い時期での栽培が必要です。

秋期の栽培に近づくほど、生育のスピードがゆっくりとなり、果実の着色が不均一になってしまいます。

 

 

基肥の量は2割程度少なめが向く

ミニキャロルの基肥(苗の植え付け前に土壌に施す肥料)の量は、基準値より2割程度少ない設計が向きます。

この品種の根は、肥料を吸う力が強いため、土壌中の肥料が多すぎる場合は、過剰に株の中にとりこんでしまい、生育のバランスを崩します。

基肥が多すぎた場合、葉の生育が強くなりすぎて、果実の肥大が悪くなる症状が出やすくなります。

 

畑準備の際の、基肥の量の設定は、それぞれの栽培環境によって、適正な量が変わります。

例えば、前作までの栽培状況(前の栽培での肥料が土に残っているかどうか)や、堆肥の利用があるかどうかなどです。

 

もし、これからトマト栽培の基肥の量を決める場合は、

チッソの量で、10aあたり7〜10kgを目安にすると良いかと思います。

 

 

若苗での定植をさけ開花苗を植える

ミニキャロルは、草勢の強い品種のため、若苗での定植を避ける事が良い生育に必要となります。

花が咲く前の苗は、果実の着果による株への負担がないため、葉の生長が強くなりすぎてしまいます(花が咲いていると、果実の生長にも栄養が使われてバランスがとりやすい)。

 

そのため、1番目の花がしっかり開花するまで、待ってから苗の植え付けを行うようにします。

 

開花後の着果促進も忘れずに

開花苗を定植する際は、同時に開花している花への着果促進の処理も必要です。
開花後に何もしなくても、果実が実る事もありますが、必要な管理をしたほうが確実に着果し、その後の生育のバランスがとりやすくなります。
日中の温かい時間帯に、開花している花房を揺らしたり、トマトトーンを使って着果促進の管理をすると、より確実に果実が実るようになります。

着果促進の方法については、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事

トマトの果実の付きを良くするために、「トマトトーン」を使うと良いよと、知り合いのトマト農家さんから勧められました。ホームセンター等で、よく商品を見かけますが、どのように使うものなのかイメージがわきません。使い方や効果[…]

トマト栽培で大活躍トマトトーンの使い方!

 

栽培途中からの灌水と追肥も定期的に行う

苗の植え付けを行ってからの、定期的な灌水、追肥は重要な栽培管理となります。

灌水を控えた方が、甘くなるという意識から、極端に灌水を控える方もいますが、土壌中の水分が少なすぎると、生育自体が悪くなり品種のパフォーマンスが発揮できません。

また、栽培期間を通して、高い糖度の果実の収穫量を増やすためには、灌水と同時に、追肥も必要となります。

 

具体的には、

2段目の花房の開花期から、定期的な灌水を開始

4段目の花房の開花期から、定期的追肥を開始

というタイミングを目安にすればOKです。

 

「ミニキャロル」の苗、種子の購入方法

「ミニキャロル」の苗、種子の購入方法

 

ミニキャロルは、家庭菜園用の苗として販売される事が多いため、シーズンになるとホームセンターなどでも購入しやすい品種です。

実際の苗の様子を確認して、状態の良いものを購入するのがオススメです。

 

種子の購入はネット販売で簡単に行う事が出来ます。

 

種子での購入方法

・楽天サイト

サカタのタネ トマト ミニキャロル 小袋

サカタのタネ トマト ミニキャロル 5ml

 

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy tomating!!