「桃太郎サニー」の特徴【作りやすい夏秋トマト】

質問する人
桃太郎トマトシリーズには、夏の栽培用の品種だけでもたくさん種類がありますよね?
病気に強くて、作りやすい、そして美味しい夏向けのトマトを探していると「桃太郎サニー」という品種を見つけました。
この品種は、他の夏向けの品種と比べてどのような違いがあるのでしょうか?
「桃太郎サニー」の特徴について、教えてください。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

桃太郎サニーは、夏秋トマトで高い人気があった「桃太郎8(エイト)」の栽培性の良さ、食味の良さを生かし、耐病性を持たせた品種です。

同じ時期に、「桃太郎ギフト」という品種も発表されており、この品種も葉かび病の耐病性を持つ、夏用の品種です。

 

桃太郎サニーは、ギフトよりも栽培性が良い品種です。

果実と葉のバランスがとりやすく、灌水や追肥の管理を容易に行う事ができて、特に夏の栽培で収穫量を上げる事が可能です。

 

桃太郎サニーの食味の特徴は、ギフトよりやや劣りますが、桃太郎シリーズに共通するレベルはあるため、十分に美味しいトマトの生産が可能です。

 

栽培しやすくて、確実に収穫量を確保したいという方針の、生産者からは現在でも高い評価を持ち、一部の産地では現在も利用されています。

 

 

今回は、栽培しやすい夏秋トマト「桃太郎8サニー」の特徴や、育て方のコツについて解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。
菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

「桃太郎サニー」の品種特徴と育て方のポイント一覧

「桃太郎サニー」の品種特徴と育て方のポイント一覧

 

詳しい解説を行う前に、桃太郎ギフト」の品種の特徴と、育て方の要点をリストアップします。

 

品種の基本情報

販売種苗メーカータキイ種苗
販売開始年2008年
メーカー小売り販売価格(2019年11月時点)小袋1袋(50粒)1,815円(税込)
1,000粒1袋 25,080円(税込)
家庭菜園用の苗の流通少ない

 

果実の特徴

食味他の夏秋用桃太郎品種よりやや劣る
1果平均重220g
果実の形豊円(横に長いタイプ)
1房の果実数4〜5果程度
熟期※1早生
果実の硬さ※2硬い

※1)熟期=開花〜着色(収穫可能時期)までの早さ(1.極早生→2.早生→3.中生→4.晩生、の順で早い)

※2)果実の硬さ(1.普通→2.硬い→3.とても硬い、の順で硬い)

 

 

生育の特徴

草勢中程度
葉の大きさ中くらい
節間中程度
病気の強さ葉かび病(Cf-9)に耐病性

 

上手に育てる栽培管理のコツ

適する栽培作型夏の時期(5上旬〜6月中旬が定植の目安時期)
若苗定植できる
肥料(基肥)の目安:チッソ12〜14kg、リン酸:15〜20kg、カリ:15〜20kg
定植〜追肥開始時期までのの水管理多めに行う
定植後追肥の開始時期3段目開花の頃
追肥の実施頻度週に1回(草勢が弱い時は2回)
1回の追肥量普通量で行う(1回の追肥量はチッソ成分で1kgが目安)

 

夏秋トマト「桃太郎サニー」の特徴

夏秋トマト「桃太郎サニー」の特徴

 

「桃太郎サニー」は、「桃太郎ギフト」と同時に販売が開始されました。

これら2つの品種はどちららも、それまで主力品種であった桃太郎8(エイト)タイプで耐病性のある、後継品種です。

 

「桃太郎サニー」は、より栽培性の高い特徴を持つ夏秋トマト品種です。

 

「桃太郎サニー」はタキイ種苗から販売されている夏秋大玉トマトの品種

 

桃太郎サニーは、2008年にタキイ種苗から販売された、夏秋栽培用の大玉トマトです。

トマトの産地で葉かび病(Cf-9)の被害が深刻となり、それまで主力品種であった桃太郎8(エイト)タイプで、耐病性のある後継品種が望まれる背景のもと、開発された品種です。

「桃太郎サニー」が発表される時に、同じく、耐病性のある新しい夏秋トマトの「桃太郎ギフト」も同時に発表されました。

「桃太郎サニー」は栽培性の良さ、「桃太郎ギフト」は食味の良さが第一の特徴となり、産地や生産者の栽培方針や、好みによって使い分けられ利用されています。

 

 

 

「桃太郎サニー」は葉かび病(Cf-9)の耐病性を持つ

 

「桃太郎サニー」は、葉かび病(Cf-9)の耐病性を持つ品種です。

桃太郎シリーズの中で、葉かび病の耐病性を持つ夏秋品種としては、3番目(桃太郎ギフトも3番目)に開発されました。

現在でも多くの産地で、葉かび病の耐病性品種と栽培されています。

 

 

「桃太郎サニー」は栽培性と果実の肥大が優れる

 

「桃太郎サニー」は、栽培性が良く、作りやすい品種です。

果実と葉のバランスをとりやすい品種で、灌水、肥料の管理が容易に行う事ができます。

1果平均重は220g程度で、果実の肥大力が高く、大きい果実のトマトの収穫が可能で、収穫量を上げやすい品種です。

果実の硬さ、店持ち性も良く、収穫作業性、市場性の良い特徴を持ちます。

 

 

「桃太郎サニー」は初期の草勢がややおとなしい

 

「桃太郎サニー」は初期の草勢がややおとなしいですが、3段目の花が開花後は、中程度の草勢となります。

 

桃太郎8をベースに改良されているため、全体的には、桃太郎8に似た生育の仕方をします。

桃太郎8の栽培経験のある方であれば、その栽培管理の方法を応用できます。

 

葉の大きさは中くらいで、節間も短くないため、低日照下となる時期でも、栽培が可能ですが、このような条件では「桃太郎ギフト」の方が適する品種となります。

 

夏秋トマト「桃太郎サニー」の育て方のコツ

夏秋トマト「桃太郎サニー」の育て方のコツ

 

桃太郎サニーは、果実の肥大力が強いため、十分な灌水と追肥による、肥培管理の徹底し草勢を保つ事が大事です。

そうすれば、この品種の特徴を生かした、多収の栽培が可能となります。

 

 

栽培する時期は夏期が向く

桃太郎ギフトは、夏秋の作型でも栽培が向きます。

この品種の葉は、中くらいで、節間も短くないため、少ない日照の条件でも、株全体に光りが当たりやすいため、秋期の栽培も可能ですが、適作型にはなりません。

 

秋期の出荷を中心に、夏用品種を選ぶのであれば、「桃太郎ギフト」の方が適します。

 

 

基肥の量は2割程度多めで、長期の肥効の肥料が向く

桃太郎サニーの基肥の量は、基準値より2割程度多い設計が向きます。

これは、定植後初期の草勢が、他の夏秋用品種より、ややおとなしい特徴があるためで、基肥の量を増やす事で調整すると栽培しやすいです。

また、果実肥大が強く、着果の負担も多くなるので、特に草勢の落ちやすい栽培後半まで、肥料の効果が続く長期肥効型(ロング)肥料の利用が向きます。

 

畑準備の際の、基肥の量の設定は、それぞれの栽培環境によって、適正な量が変わります。

例えば、前作までの栽培状況(前の栽培での肥料が土に残っているかどうか)や、堆肥の利用があるかどうかなどです。

 

もし、これからトマト栽培の基肥の量を決める場合は、

チッソの量で、10aあたり12〜14kgを目安にすると良いかと思います。

 

 

栽培期間の全体的に灌水量を増やす

桃太郎サニーは、定植後から、栽培期間の全体をとおして、多めの灌水を行う事が大事です。

桃太郎サニーは、1〜2段の低い段の果実も含めて、果実の肥大力が高いため、定植後より多くの着果負担がかかり、草勢が落ちやすい状況になります。

 

そのため、基肥の量を増やす方法と同時に、灌水を多くする管理をすると、この品種の特徴を生かした生育をさせる事ができます。

 

 

空洞果の対策を行う

桃太郎サニーは、肥大力の高い品種のため、空洞果の対策が必要となります。

果実の肥大が良い特徴を持ち、果実の生長に栄養の供給が追いつかない場合があるからです。

特に栽培後半の、株のスタミナが落ちている中で、肥大する際は発生が多くなります。

その対策としては、なるべくマルハナバチや、振動受粉で花粉を利用する着果促進の方法をとるか、ホルモン処理を行う場合は、ジベレリンを添加します。

 

空洞果の対策については、こちらの記事も参考にしてください。

 

夏秋トマト「桃太郎サニー」の苗、種子の購入方法

夏秋トマト「桃太郎サニー」の苗、種子の購入方法

 

桃太郎サニーは、農家さんなどプロ向けの品種として利用される事が多いため、ホームセンターなどで、苗が販売される事が少ないです。

そのため、種子で購入して栽培を始める事が必要となります。

 

種子の購入はネット販売で簡単に行う事が出来ます。

 

 

 

種子での購入方法

・楽天サイト

タキイ種苗 トマト 桃太郎サニー 50粒

タキイ種苗 トマト 桃太郎サニー 1000粒

タキイ種苗 トマト 桃太郎サニー ペレット 2L 1000粒

 

・Amazonサイト

タキイ種苗 トマト 桃太郎サニー 1000粒

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy tomating!!