ミニトマト「CF小鈴」の特徴と育て方【収穫量を増やすコツも解説】

質問する人
ミニトマトの農家をしています。
今までは、夏秋の作型(4月定植〜10月収穫)をメインに栽培していました。
これから、はハウス内の加温も行って、促成の作型の栽培も始めたいなと思っています。
冬期の栽培に向く、ミニトマトの品種で良いものを教えてください。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

冬場のミニトマトで必要とされるものひとつに、裂果への強さがあります。

ミニトマトは周年で出荷されており、産地によっては、夏場の生産量よりも、冬場の生産量の方が多い所もあります。

 

ミニトマト「CF小鈴」は、冬場の生産を中心に行っている、栽培産地でもシェアが高いです。

 

人気の高さの理由には、裂果への強さ、耐病性、作業性や輸送性の良さがあります。

 

今回は、CF小鈴の品種の特性を深掘りし、収量アップのコツについて解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。
無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】
スポンサードリンク

ミニトマト「CF小鈴」の品種特徴

ミニトマト「CF小鈴」の品種特徴

 

CF小鈴は、冬場が栽培のメインとなる、促成栽培の産地で多く利用されている品種です。

冬場で発生しやすくなる裂果に強い事や、冬場での食味の安定、冬場での栽培のしやすさの特徴が評価されている事が関係しています。

もう少し深掘りして、CF小鈴の特徴について解説します。

 

「CF小鈴」は「みかど協和」から販売されているミニトマトの品種

「CF小鈴」種苗会社のみかど協和より販売されている、ミニトマトの品種です。

厳冬期を含む、越冬栽培向けとして、冬場での安定した草勢、耐裂果性、良食味性を持たせる事を、目標に開発された品種です。

葉かび病(Cf-9)の耐病性を持ち、他の病害にも強い品種です。

 

「CF小鈴」は冬場の裂果が少ない品種

「CF小鈴」は裂果の発生が少ない品種です。

特に、低温期の条件での発生が少ないため、促成栽培など冬場に収穫期を迎える作型で、特徴を発揮します。

硬い果実の特性を持つため、収穫時や、選果、箱詰めの作業が行いやすく、輸送性、店持ち性も良い品種です。

 

 

「CF小鈴」はつやのある果実で高糖度

「CF小鈴」の果実は、1果実重が15〜20gで揃いやすく、濃い赤色の果実でつやが強く、よく目立ちます。

また、糖度が高く、こくのある食味を持ち、気温が下がり、日照量の少ない冬場でもこの特徴が安定して発揮されます。

 

 

スポンサードリンク

「CF小鈴」は草勢が強めで冬場の栽培に向く

CF小鈴は、草勢が強めの特性を持ちます。

この草勢の強さは、冬期の栽培では、夏場よりも収穫期間が長くなるため、後半まで安定した生育を継続する事に役立ちます。

また、節間も短いため、長期栽培の際、誘引作業の省力化にも貢献します。

 

花房は、1〜2段目はシングル花房、3段目からはダブルの発生が多くなり、1段あたりの果実数が25〜30果で安定して付きます。

果実の数に大きなブレがないため、長期の栽培でも極端に草勢が落ちる事が少なく、栽培管理がしやすいです。

 

 

ミニトマト「CF小鈴」の育て方のコツ

ミニトマト「CF小鈴」の育て方のコツ

 

「CF小鈴」は、冬期の栽培で特徴を発揮しやすい品種です。

夏期での栽培も可能ですが、草勢が強めの品種のため、草勢管理に中止して灌水、追肥の管理を行う事が重要となります。

 

 

若苗での定植を避け低段の花房は確実に着果させる

CF小鈴は、1段目の開花が始まっていない、若い苗の状態で植え付けを行うと、その後の草勢が強くなりやすいため、苗が開花(2〜4花開花時)するまで、待ってからの定植作業が良いです。

 

1、2段目の低段の花房の着果が不安定になると、株への着果負担がかからず、茎葉のみの生育が良くなりすぎて、バランスが崩れる事が多いです。

特に、夜間の温度15℃を下回る時期は、トマトトーンを使って確実に着果するように管理する事が大事です。

 

CF小鈴は定植後の根の張りを促進させる

冬期の栽培の場合は、栽培期間が長くなるため、生育期間後半でも安定した草勢を維持する事が大事です。

そのためには、定植後より根を、深い場所まで張らせる事が重要となります。

定植後の灌水量が多すぎると、根が深くの水を求めなくなり根の張りが弱くなるため、控えめの量として根の張りを促進します。

 

 

ミニトマト「CF小鈴」の苗、種子の購入方法

ミニトマト「CF小鈴」の苗、種子の購入方法

 

Cf小鈴は、ネット通販の場合でも、苗での取り扱いがほとんどないため、栽培する時は、基本的には自分で播種、育苗をする必要があります。

 

 

種子での購入方法

楽天サイト

みかど協和 トマト Cf小鈴(こすず) 小袋

みかど協和 トマト Cf小鈴(こすず) 100粒

みかど協和 トマト Cf小鈴(こすず) 1000粒

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG