トマトのセルトレイ育苗【均一な苗を効率的に生産する方法】

質問する人
2年前からトマト農家をしています。
以前まで、栽培に使用するトマトの苗は、業者さんから購入していたのですが、今後は播種からの作業を自分で行い、自家生産の苗を利用する予定です。
今は、セルトレイを利用する育苗方法が多く利用されていますよね。
ただ、資材のカタログなどを見ると、セルトレイにも色々な種類があって、どれを選べば良いのかわからないです。
資材の選び方と、セルトレイを利用するトマトの育苗方法のコツあたりについて、教えてほしいです

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

セルトレイを利用する育苗は、自分で苗を生産する人には必須の作業です。

 

資材の規格を使用する時期などによって使い分ける事で、作業の効率を大きく上げる事もできます。

 

今回は、セルトレイを利用するトマトの育苗について解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

トマトのセルトレイを使う育苗の特徴

トマトのセルトレイを使う育苗の特徴

最近では、播種から本葉2.5枚期前後までの育苗は、セルトレイを利用する事がほとんどです。

このような背景にはどのような理由があるのでしょうか?

 

播種から移植までの作業の効率化

セルトレイを利用する事で作業の効率化、省力化が可能になる事が一番の利点です。

 

作業の効率化につながる理由は主に以下のポイントです。

 

培土を詰めた状態でもトレイ1枚が計量で運搬性が良い

1株あたり必要最低限の培土を利用するため、運搬性に優れます。

この特性は、播種作業時はもちろん移植時にも役立ちます。

 

生育と同時に根鉢が形成され移植作業が容易となる

苗の生育に合わせて、根鉢が形成されます。

移植の作業の時に、根を崩す事なく、容易に移植する事ができます。

 

スポンサードリンク

トレイの準備、播種作業に利用できる省力化資材が豊富

播種溝をつける道具や、コート種子に対応した、播種用の資材などが、セルトレイの規格に合わせて開発、販売されており、それらを使用する事でさらに省力化を可能にします。

高価な機械になると全自動で土詰めから播種、覆土、播種後の灌水まで、行うものもあります。

 

 

均一な苗づくりが容易となる

トレイの穴は、均一な形、大きさ、規則性で設置されているため、各株が均一な生育環境となり、揃った苗の生産を行いやすい。

 

 

トマトのセルトレイ育苗で使用するトレイの種類

トマトのセルトレイ育苗で使用するトレイの種類

セルトレイは、プラスチック製のトレイで、大きさは統一の規格で決められています。

規格の違いは穴の数、大きさ、その中に入り培土の量が変わります。

同じ大きさのトレイが基準にあるため、穴の数が多くなると、小さくなり、少なくなると大きくなります。

 

トマトの育苗現場でよく利用される、セルトレイの規格について紹介します。

 

セルトレイの大きさ

移植機や、育苗時に使用する周辺資材の利用を容易にするため、セルトレイ自体の大きさは、統一の大きさとなります(少々大小ありますが)

長さ)60cm × 幅)30cm程度

 

セルトレイの穴数

トマトの育苗で、よく利用されるセルトレイの穴数の規格は以下のとおりです。

  • 72穴
  • 128穴
  • 200穴
  • 288穴
  • 448穴

ちなみに「穴」は「けつ」と呼びます。

72穴(72けつ)、128穴(128けつ)となります。

 

セルトレイの色

 

主に

の2種類の色があります。

 

黒色の規格が多く利用され、白色のものは夏期の育行で、苗周辺の高温化を防止する目的で利用されます。

 

周辺資材

アンダートレイ

セルトレイは、多くの場合で、たわみを防ぎ安定して運搬等をできるように、硬質プラスチック製のアンダートレイに乗せた状態で、管理または運搬します。

 

防根透水シート

セルトレイの排水用の下穴から、根が超えていかないようにするための資材

セルトレイとアンダーの間に敷きます。

アンダートレイの規格に合わせて作られているものと、原反の大きさから自分で切るタイプのものがあります。

 

播種溝設置資材

培土をセルトレイに詰めたあとに、播種用の溝をつける資材です。

ローラータイプと、板状のもので押しつけて利用するタイプがあります。

 

播種用資材

コート種子に利用できる播種用の資材です。

セルトレイへの播種が俊速で行えます。

 

トマトのセルトレイ育苗のコツ

トマトのセルトレイ育苗のコツ

トマトの種まきの方法、発芽のコツはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

トマトの栽培を、種まきから始めてみようと思っています。今までは苗を買っていたので、育苗の経験がありません。種まきの方法とコツを知りたいです。このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。この記[…]

トマトの種まきで失敗しないコツ

 

ここでは、セルトレイを利用する場合の育苗で、重要になるポイントについて解説します。

 

 

セルトレイの規格(穴数)は、128穴か200穴を利用する

 

128穴

200穴

 

トマトの一次育苗(播種〜ポリポットへ移植)でよく利用されるセルトレイの規格は、

128穴、200穴

です。

 

128穴の規格をベースにし、夏期の育苗期間が短くなる時や、育苗の資材、作業コストを下げたい時は、200穴を利用します。

 

それぞれの規格の目安の利用期間は、

128穴
本葉2.5期まで(播種後:約25日間)

 

200穴
本葉2.0期まで(播種後:約20日間)

128穴のほうが、セルトレイで管理できる期間(老化しない)が長いため、管理が容易となります。

200穴のほうが、面積あたりで管理できる苗の数が多くなるため、コストが下がります。

 

コスト重視の200穴、栽培の安定重視の128穴となります。

 

 

288穴

448穴

200穴よりもさらに、穴数が増え、1穴あたりの培土量が減るため、よりトレイで管理できる期間が短くなります。

そのため、288、448穴は均一な発芽をさせて、その後はすぐ移植というパターンや、輸送する事が前提になっている育苗で、輸送のコストを減らすために利用されるケースが多いです。

 

72穴

穴が大きいため、より長い期間トレイでの育苗が可能となります。

そのため、ポリポットへ移植しないで、本葉5枚程度のセルトレイ苗を、直接定植する場合によく利用されます。

 

適期に移植する

元肥を含んでいる播種用培土を利用している場合、葉の色が薄くなるようでは、あきらかに移植が遅いです。

移植作業がスムーズに行える根鉢の状態になったら、なるべく早く移植する事が大事です。

 

移植後のポット育苗をする環境が整ってさえいれば、早すぎる移植が生育のマイナスになる事はありません。

 

移植が遅れると、肥料等が不足する事に加え、近くの苗とスペースが少なくなり、徒長にもつながります。

 

早く根鉢を形成し、老化する前に移植する

セルトレイを利用するトマトの育苗は、いかに早く移植時に崩れない根鉢を作って、老化しない前に移植を行うかが重要です。

 

早く根鉢を作るためには、全ての根を培土の中で伸長させる事が大切で、トレイの設置の方法が大きく関係します。

 

エアプルーニングの方法を利用する

根は空気上に張る事はできません。

培地か水が必要です。

 

そのため、セルトレイの下の排水穴を資材でふさがずに、空気と触れている状態にする方法です。

 

鉄の網の資材(エキスパンドメタル)などを、トレイを置く台として利用される事が多いです。

 

防根透水シートを利用する

防根透水シートは水は通すけど、根は通さない資材です。

この資材を、セルトレイとアンダートレイの間に設置する事で、下の排水穴が空気に触れていなくても、培地の中で根が伸長し、根鉢生成が促されます。

 

均一な灌水管理で均一な苗づくり

1株あたりの培土の量は、移植までの必要最低減となっているため、多くないため、

灌水のむらができると、各穴での生育に差が生じやすいです。

 

そのため、均一な灌水管理は非常に重要なものとなります。

 

実際の灌水作業に気をつけて行うのは、もちろんですが、トレイをいかに平らに設置するかも重要です。

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

happy tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG