畝とハウスの方向【トマト栽培に向くのは南北と東西どっち?】

質問する人
トマトの畝を作る時、たまーに思うのですが、方向って生育に関係しますか?
ハウスの向きが決まっているので、それに合わせて畝を作っていますが、人によって、ハウスや圃場の形が違うので、いろんな方向の畝がありますね。
畝やハウスの方向によって、生育に関係する事について知りたいです。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

畝やハウスの方向によって、少なからず生育に影響する事もあります。

 

ただ、もともとの圃場や、ハウスの建て方がベースになり、今の方法から変更するのは簡単ではないケースがほとんどだと思います。

ただ、方向によってどのような特徴があるのかを、把握できればそれに合わせた管理の方法をとる事が出来ますので、知識を得るだけでも役立つ事もあります。

 

今回は、トマト栽培での、ハウス、畝の方向(南北と東西向き)について解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

畝とハウスの方向と特徴【トマト栽培】

畝とハウスの方向を、東西向き、南北向きで設定する場合、それぞれ栽培の中でどのような特徴があるか解説します。

もちろん、南北、東西とぴったり方角が合うことは少ないと思いますので、近い条件を参考にしてください。

 

栽培畝の方向の特徴

畝の方向を変える事で、トマトの栽培に関係する重要なことは、光の当たり方です。

 

夏期は高い場所を太陽が通るため、均一に光りが当たりやすいですが、冬期は太陽が少ない角度で移動するため、光の当たり方が、畝の方向によって大きく変わります。

ここでは、光の当たり方がより関係する冬期を解説の対象とし、最も光りが強くなる正午の時間(南からの光)に重要性を持たせて解説します。

 

東西方向

畝東西方向

・畝、条によって光の差がでやすい

南側の畝、条が良い条件となり、北側は日陰の条件となりやすい。

 

・同じ畝や条の中は、均一な光の条件になりやすい

光のあたりが強い条は、条全体強く、北側にある条など、日陰の条件になる場所は、条の単位で同じ条件となる。

 

 

南北方向

畝南北方向

・畝、条の中で光の差が出やすい

東西の方向の場合は、畝、条が単位となって、光の当たり方の差が出ますが、南北方向の場合は、同じ畝や条の中で差が出やすいです。

 

・通路にも均一に光りがあたりやすい

南からの光が通路全体に均一に当たりやすく、地温の保温の面でも有利となる事がある。

 

 

スポンサードリンク

ハウスの方向の特徴

ハウスの方向を変える事で、トマトの栽培に大きく関係する事は、換気によるハウス内環境の均一性です。

「南よりの風」、「北よりの風」というように、南北方向で、風が吹く事が多く、この風の方向を意識するとハウスの換気の方法にも関係します。

 

単棟(1棟だけ)よりも、複数のハウスを平行に設置している条件でより強く関係します。

 

東西方向

ハウス東西方向

・ハウス内へ風が入り、換気の効果は高くなるが、風下側のハウスは効果が低くなりやすい。
・ハウスの数が少ない場合は、換気の効果が高くなる。

 

南北方向

ハウス南北方向

・ハウス内への風の移動は少ないが、ハウス間の間を均一に風が通りやすい
・ハウス内への風の移動は少ないが、
・平行する複数のハウスがある場合でも、全てのハウスで均一な換気がしやすい

 

畝とハウスの方向の使い分け【トマト栽培】

畝とハウスの方向の使い分け【トマト栽培】

畝の方向、ハウスの方向は、南北、東西向き、どちらの場合でも、まず、長さがある方が、作業性が上がります。

 

理想の方向にすると、極端に畝の長さが短くなる場合は、無理にその方向にせずに、長い方向になるように設定して、作業性を優先する方が良い場合もあります。

ですので、ハウスや圃場の形をベースに設計する事が前提となりますが、南北、東西のどちらでも設定ができる場合は、下記の解説を参考にしてみてください。

 

 

畝の方向は南北方向がオススメ

南北方向の畝の特徴は、通路にも均一に光が当たりやすいことです。

 

この特徴があることで

  • 地温の保温が良くなる→夜間のハウス内の気温の保持にもつながる
  • 通路の乾きがよくなり、ハウス内の湿度を低く保ちやすい

ことにつながります。

 

南北方向のデメリットの解決方法

南側の灌水量を多く、北側を少なく調整する。

ある程度の長さがある畝の場合、灌水チューブを使用する灌水では、送水元側が灌水量が多く、送水先側が少なくなる事があります。そのような場合は、光の当たりが強い南側を送水元側にする事で、バランスがとりやすいです。

 

 

東西方向の畝の生かし方

南北方向の畝がオススメと解説しましたが、状況によっては、作業性等の関係で、東西の方向にしないといけない場合もあると思います。

 

東西方向のデメリットの解決方法

東西方向は、畝、条の単位で、光りのあたり方に差が出る特徴があります。

複数の品種を栽培する際は、品種に合わせて植える場所を調整する方法

が良いです。

 

例えば、促成向けの品種は北側、夏秋向け品種は南側というにです。

品種の特性については、こちらの記事も参考にしてください。

 

ハウスの方向

ハウスの方向に合わせて、畝の方向が決まる事が多いのです。

ハウスを設置する際にどちらでも選択が可能な場合は、畝を設置した方向になるようにするのが良いです。

 

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

happy tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG