トマトは何科の植物が知ってますか?

トマトは圧倒的にナス科ですよね?
この前、知り合いと「この野菜は何科でしょうか?」クイズを出し合っていました。
「トマトは何科でしょうか?」と、質問されたので、「はい、ナス科」と答えたら、その相手はなんと、
トマトはトマト科と言い出しました。
でも、トマトは圧倒的にナス科ですよね?

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

トマトの分類については、興味があり、詳しく調べてみると、いろいろと発見があります。

今回は、その一部を紹介します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

トマトは何科の植物?

トマトは何科の植物?

野菜の品種のカタログ等を見ると、種類を「○○科」と分けているのを見かけると思います。

もちろんトマトも、属している科があります。

トマトはナス科の植物です

トマトと同じナス科の代表的な、野菜をあげてみます。

  • ナス
  • ピーマン
  • ジャガイモ

です。

トマトとナス、ピーマン、ジャガイモを比べてみると、野菜として利用する部分や、果実の特徴は大きく異なります。

ジャガイモは地下部を食べるし、ピーマンは果実の中がからっぽだし、ナスの果実の色は紫だしなどです。

でも、これらの作物で共通する部分があります。

お花です。

普段は気にする機会がないかもしれませんが、意識して見てみると結構似ています。

ジャガイモのお花
ジャガイモのお花
トマトのお花
トマトのお花
ナスのお花
ナスのお花
ピーマンのお花
ピーマンのお花

僕が考える、トマトと花が似ている野菜ランキングはこちらです。

1:ジャガイモ
2:ナス
3:ピーマン

というように、普段食べている果実は、似ていなくても、花を見比べてみると、同じ科に分類されているのも、うなずけると思います。

トマトは何科?何属?何種?

トマトは何科?何属?何種?

トマトはナスと同じ「科」に分類されていると解説しました。

ここでは、もう少し詳しく、トマトの分類について調べてみましょう。

トマトはほとんどナス?

「科」よりも細かく分類すると、「属」そして「種」を利用する事になります。

 

トマトを分類すると、

ナス科・ナス属・トマト

となります。

 

そしてナスを分類すると

ナス科・ナス属・ナス

となります。

 

トマトと、ナスは種が違うだけで、共通する点は多くあります。

 

ちなみに、

トマトの原産地は、南米が中心とされるのに対し、ナスの原産地はインドとされています。

 

こんなに、分類上は近い特徴とされるのに、原産地がこんなに遠く離れているのって、なんだか興味深いです。

 

ピーマンも、ジャガイモも原産地はトマトと同じ、南米が中心とされています。

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。