プロ向け中玉トマト「シンディースイート」の特徴【収量アップのコツも解説】

質問する人
トマト農家をやっています。
今までは、大玉トマトが中心で、一部ミニトマトという品種の選定でしたが、次の作型から中玉トマトも栽培したいなと思っています。
近所の野菜の種苗屋さんに、中玉トマトはどの品種が良いか聞くと、「シンディースイート」がオススメで勧められました。
中玉トマト品種「シンディースイート」について、いろいろ教えてください。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

トマトといえば、大玉トマトと、ミニトマトの人気が高いため、中玉トマトの品種に関係する情報が少ないかもしれません。

大玉、ミニと同様に、栽培に使用する品種によって、生育の仕方や収量、品質が大きく変わるので、品種選びは気をつけて行いたいところです。

 

今回は、中玉トマト「シンディースイート」の品種の特性や、収量アップのコツについて解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

中玉トマト「シンディースイート」の特徴

中玉トマト「シンディースイート」の特徴

中玉トマトに関係する解説は、大玉、ミニトマトに比べると少ないかもしれません。

自分が栽培する品種の特性を知っていると、役立つ事も多いので、しっかり把握する事が大事です。

 

「シンディースイート」は、日本で一番多く栽培されている、中玉品種といっても良いくらい人気の中玉トマト品種です。

 

「シンディースイート」は農家さんに人気の中玉品種

「シンディースイート」は、日本で一番多く栽培されている中玉品種といっても良いくらいの品種です。

ホームセンターでは、あまり取り扱いのない中玉トマトの品種なので、家庭菜園を中心にトマトの栽培を行う方は、この品種の名前を聞く機会が少ないかもしれませんが、営利目的でトマトを栽培する農家さんの間では、非常に人気の高い品種です。

 

「シンディースイート」を販売している種苗メーカーは、サカタのタネ

サカタのタネは、神奈川県横浜市に本社をおく種苗メーカーです。

ブロッコリー「ピクセル」、メロンの「プリンスメロン」「アンデスメロン」や、スイートコーンの「ピーターコーン」などの有名な品種も、サカタのタネによって開発販売されています。

サカタのタネの品種カタログはこちら

「シンディースイート」の一番の特徴は栽培性の良さ

農家さんがこの品種を選ぶ一番の理由は、この「栽培性の良さ」ではないかと思います。

栽培性の良い品種の利用 = 収量が安定する事につながります。

 

栽培性の良さとは、灌水や肥料の管理に良い意味で鈍感で、少々、多すぎるたり、濃度が濃すぎても過剰に、トマトの株が反応せずに、良い草勢のバランスを保つ事です。

 

甘くて美味しい品質の良いトマトの生産も、もちろん大事ですが、それよりも安定した収量の確保が、安定した農家の経営には大事な場面が多いです。

 

スポンサードリンク

「シンディースイート」は裂果に強い

裂果に強い特性は、ミニトマトの品種で特に気にされやすいですが、中玉トマトでも大事な特性になります。

そして、シンディースイートは裂果に強いです。

サカタのタネのミニトマトが総じて裂果に強いように、中玉トマトの品種でも強いです。

 

さきほど、栽培性の良さが収量の安定につながると解説しましたが、裂果の発生が少なくなるための特性も、もちろん収量の安定につながるもので、生産の現場で大事にされることです。

 

「シンディースイート」は食味も良い

これまでは、栽培面での特徴について解説しましたが、果実の食味も良いです。

サカタのタネのトマト全般に共通する、甘さと酸味のバランスが良い食味です。

 

酸味があるトマトの食味を、嫌がる人もいますが、絶対に酸味は大事です。甘いだけのトマトはパンチがないので、糖度がのらない栽培になった場合、なんの特徴もない食味になっちゃうのです。

特に、梅雨の時期など、雨天、曇天が続き湿度が高い中、夜温が高い栽培環境だと、この酸味が出る事がとっても大事なのです。

 

「シンディースイート」の1果実重は小さめ

中玉トマトは、1果実の重さが40〜60gを目安とされる事が多いですが、シンディースイートは60gよりも40gになりやすい特性です。

他の中玉トマトを比べると、特に小さくなりやすい品種だと思います。

中玉トマトは、あまり大きい果実は販売しにくい事もあり、小さめの果実のほうが販売時に扱いやすい事が多く、この特性が生きる機会が多いです。

 

 

中玉トマト「シンディースイート」の栽培のコツ

中玉トマト「シンディースイート」の栽培のコツ

シンディースイートの栽培のコツは、この品種の特性である「栽培性の良さ」をいかに引き出すかが重要になります。

 

積極的に灌水、追肥を行う

同じ中玉品種の場合、灌水、追肥が多く成りすぎると、草勢が強くなりすぎて、過繁茂になり果実の品質が落ち、収量も落ちますが、シンディースイートの場合、積極的行った灌水、追肥の管理は、収量をアップする事につながりやすいです。

 

 

秋期の収穫量が多くなるよう意識する

これは、栽培のコツというよりも、高利益の栽培にするためのコツです。

シンディースイートは、裂果にも強く、夜温が下がり発生が多くなる秋の時期でも、他の中玉トマトの品種に比べると、発生が少ないです。

市場への出荷量が減り、高単価で納品できる時期に、出荷を多くするために、夏期の草勢管理等を調整すると、納品額が上がりやすいです。

 

 

中玉トマト「シンディースイート」の苗、種子の購入方法

中玉トマト「シンディースイート」の苗、種子の購入方法

ホームセンター等の家庭菜園用の苗の販売コーナーでは、シンディースイートを購入するのは難しいかもしれません。

ネット通販の場合、取り扱いが比較的多いので、関係あるサイトを紹介します。

また、時期や在庫の状況によっては、ネット通販でも苗の購入が難しい事もあると思いますので、その際は、確実に購入できる種子で準備して栽培を始めましょう。

 

苗での購入方法

中玉トマト・シンディースイート 断根接木苗 9cmポット

 

種子での購入方法

楽天サイト

サカタのタネ トマト シンディースイート 小袋

サカタのタネ トマト シンディースイート 【PRIMAX】1000粒

 

Amazonサイト

※名前は「うまあま中玉トマト」となっていますが、シンディースイートの品種です。

【中玉トマト】 シンディースイートの種子10袋セット

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG