トマトの誘引方法【それぞれの特徴を解説】

質問する人
これからトマトの栽培を、本格的に始めようと思っています。
前回のブログの記事で、誘引の必要性はわかりました。
誘引の方法を、自分なりに調べると、支柱を使う方法や、紐を使う方法があるみたいですね。
それぞれの方法には、どのような特徴があって、どのような栽培に向くのかなどについて知りたいです。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

どの種類の方法で誘引を行うのかによって、使用する資材や、その後の誘引にかかる作業量などが大きく変わります。

 

そのため、自分の栽培の方針に、最も適切な誘引の方法を選ぶ事は、とても重要です。

 

今回は、トマトの誘引管理の方法と、それぞれの特徴などについて解説します。

誘引管理の目的と重要性については、こちらの記事も参考にしてください

関連記事

トマトを栽培する人って、みんな支柱とかを使って茎を固定しますよね。苗を植えてから、ほったらかしにはできないですかね。マンションのベランダでも栽培する事があるのですが、トマトを支柱で高く固定していくと、ちょっと部屋への光の[…]

トマトの誘引管理【目的と重要性を解説】
家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

トマトの誘引方法とその特徴

トマトの誘引方法とその特徴

トマトの誘引方法を決める際に、まず大きな条件になるのは、収穫期間の長さです。

今回は収穫段位で6段分程度、収穫期間は2ヶ月間前後の場合で対象となる、誘引の方法を紹介します。

 

※低段密植栽培などは、1〜2段分のみ、収穫期間が1ヶ月に満たないもので、誘引の方法が大きく変わります。

 

直立誘引

トマトの誘引方法で基本となる方法です。

名前のとおり、主枝を直立に固定して、誘引します。

 

地面に差し込んだイボ竹などの支柱を、トマトの茎を固定するための資材として利用する事が多く、強度が強く、風の害も受けにくいため、露地の栽培でも使用しやすい方法です。(アングルと紐を使って直立誘引をする事もできますが、支柱を使う方法の方が、準備と片付けが簡単なケースが多いです)

 

トマトの主枝の伸長に合わせて、30cm程度を間隔として、支柱などと固定します。

紐で縛りながら固定する事も可能ですが、栽培株数が多い場合は、テープナーなどの専用の誘引資材と利用すると、作業の効率化が行えます。

テープナーの利用は、誘引作業の効率も上がり、使用する固定の資材が光分解性のものを利用できるため、片付け作業も大きく効率化する事が可能です。

 

支柱を使い、紐と、光分解テープなどで固定する方法の場合、着果数と、果実の肥大が進んでくると、株の重さで支柱からずり落ちやすくなります。

そのため、1株あたり最低1カ所、できれば2カ所は、支柱と株をしっかりと固定できる資材を利用する必要があります。

 

○主枝の角度が直立のため、草勢の管理が行いやすいです。
○直立誘引の場合、180cmの高さに7〜9段目の花房の花が開花するようになり、それ以降の花房の収穫が難しいです。

 

斜め誘引

トマトの農家さんで利用している方が多い誘引の方法です。

その理由は、コスパが良いからです。

 

直立誘引にかかるのと同程度の資材の金額で、より長期の誘引に対応する事ができます。

 

基本的には、直立誘引に利用する資材で対応する事ができます。

 

斜め誘引は、主枝を斜めになるように、誘引していく方法です。

斜めに固定していくので、同じ高さの場所で比べた場合、多くの段数まで誘引する事が可能です。

 

○45℃程度を角度にする事が多いですが、角度を少なくするほど、同じ高さでより長期の誘引に対応する事ができます。
○誘引する主枝の角度が少なく、真横の方向に近くなるにつれ、草勢が弱くなるため、合わせて灌水、追肥での管理の調整も行うほうが良いです。
○斜め誘引は、直立の誘引に比べ、採光性が劣る特徴があり、誘引をする角度が少ないなるほど採光性が悪くなります。
ただ、夏の高温期などは、逆に太陽の光が強く裂果しやすい場合があり、斜め誘引によるリーフカバーの働きを強くして、裂果を防ぐ技術もあります。
○斜め誘引の場合、180cmの高さに10〜15段目の花房の花が開花するようになり(誘引角度で変わる)、それ以降の花房の収穫が難しいです。

 

つる下ろし誘引

長期収穫する場合に必要となる誘引方法です。

主枝の生長点がある程度の高さ(150〜180cmあたり)になった際に、地際に近い主枝を横方向に寝かせ、通路の進行方向へ生長点をずらしていく方法です。

 

管理する人の方法によって、主枝を直立にも斜めにも誘引する事ができます。栽培する時期や、株の草勢の状況によって誘引角度を変えると便利です。

 

つる下ろし誘引には、紐と、茎と紐を固定する専用のクリップ資材を、使用する事が多いですが、フック状の資材など専用の資材も販売されています。

 

○使用する資材によって、対応できる収穫期間はことなり、誘引に使用する紐の長さが長いほど、長期の誘引に対応できます。
○主枝を横に寝かす際は、周囲の葉をとり除く必要があります。
○高い軒高の温室で利用される、ハイワイヤー式の誘引方法も、つる下ろし誘引の方法となります。

ハイワイヤー誘引については、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事

トマト栽培歴5年になる農家です。先日、機会があってヨーロッパ・オランダのトマト栽培農家さんへ、視察見学に行ってきました。立派な連棟の温室の中で、とってもキレイにトマトが栽培されていました。数カ所の現地の農家さんを回り[…]

トマトのハイワイヤー栽培【導入メリットも解説】

 

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

Happy Tomating