秋のトマト育苗で気をつける事【冬に向けてエコ苗を目指す】

質問する人
今年は、11月下旬頃に、定植する促成栽培を行う予定です。
そのスケジュールに合わせて、播種をして育苗をするのですが、秋の時期にトマトの育苗をする際のコツってありますか?
夏秋栽培で使用する、春期の育苗は何度も行っています。
秋と春の育苗の違いと、良い苗づくりのコツを教えてください。

 

このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。

 

この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。

 

冬期に収穫期の中心がくる、促成栽培はトマトの販売単価が高く、栽培コストのコントロールと栽培技術が高いと儲かる作型ですよね。

 

今回は、その促成栽培での定植に使用する、秋期のトマトの育苗管理について解説します。

家庭菜園でトマトの栽培がしたいけど、畑が準備できない方は、レンタル式シェア農園の利用がオススメです(手ぶらで行けて栽培サポート付きです)。

無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

スポンサードリンク

秋と春のトマト育苗の違い

秋と春のトマト育苗の違い

秋分の日と春分の日は、日長時間や、気温も似た条件となります。

ただ、ある程度の期間を切り取ると、春と、秋では大きな違いがあり、トマトの育苗にも関係します。

 

秋の育苗は下降気温下の条件で苗を管理します

秋の育苗は、気温が下がり、日長時間が短くなる季節に向かっていく時期に育苗します。

春は、その逆で上昇気温下の条件となります。

 

 

下降気温下での育苗は難しい

春期に播種をした場合、その後の気象条件は、時間が経つほどにトマトの生育しやすいものになります。

そのため、例えば、播種後1ヶ月内の生育が少々不調でも、その後の1ヶ月間の管理で生育を回復させやすいです。

 

それに比べ、秋期の播種は、時間が経つほどにトマトの生育には、不利な条件となるため、気象条件を見方につけての生育の回復が難しくなります。

 

 

秋のトマト育苗で目指す定植苗の姿

秋のトマト育苗で目指す定植苗の姿

育苗管理は、良い「苗」を生産するためのものですが、

良い苗をつくるのは、定植後の良い栽培を行うためです。

 

秋の育苗では、定植後の順調な生育のためには、どのような苗の姿を目指すべきなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

少ないエネルギーを効率的に利用できるエコトマト

 

エコトマト苗とは、少ない太陽光を効率的に利用できように、適度な葉の大きさと、節間をもったものです。

 

葉が大きく茂り過ぎている苗を植えた場合、少ない太陽光を利用する、冬場の栽培に適する株の姿にする事が難しく、時間もかかります。

 

そのため、本圃での栽培が始まる定植時から、冬の栽培に適した苗の姿になっている事が重要です。

 

冬期のトマト栽培の特徴は、光合成で重要となる太陽の光の量が少なくなる事です。

ハウス内の気温は、加温をする事でコストさえかければ、いくらでもコントロールできます。

 

しかし、太陽の光の量はコントロールできません(夏場は遮光管理できるけど)

 

以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。

とまと家・中島がお届けしました。

 

happy tomating!!

 

>野菜の収穫時期管理サービス

野菜の収穫時期管理サービス

家庭菜園や農家さんに役立つ野菜の収穫時期を知る無料WEBサービス【ハーベストタイマー】をリリースしました。

CTR IMG